世界最高峰のプリンシパルに迫るドキュメンタリー「ロパートキナ」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月28日 > 世界最高峰のプリンシパルに迫るドキュメンタリー「ロパートキナ」本編映像公開
メニュー

世界最高峰のプリンシパルに迫るドキュメンタリー「ロパートキナ」本編映像公開

2016年1月28日 17:00

「ロパートキナ 孤高の白鳥」場面写真「ロパートキナ 孤高の白鳥」

「ロパートキナ 孤高の白鳥」場面写真
(C)2014 DELANGE PRODUCTION
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界最高峰のバレエ団でプリンシパルを務めるウリヤーナ・ロパートキナの素顔を追ったドキュメンタリー映画「ロパートキナ 孤高の白鳥」が、1月30日に公開される。映画.comでは、約5分間の本編冒頭映像を独占入手した。

ロパートキナは、200年以上の歴史を持つロシアのマリインスキー・バレエ入団後、1995年にプリンシパルに昇格してから第一線で活躍し続け、伝説と呼ばれるバレリーナだ。映画では、母校ワガノワ・バレエ・アカデミーを訪問したロパートキナが、少女だった自分と向き合い、自身が踊り始めた理由を語る。さらに、ロパートキナを取り巻く人々の証言、2002年に誕生した娘とのプライベートショットやリハーサル風景、代表作「瀕死の白鳥」「愛の伝説」などの貴重な舞台映像を交え、さまざまな角度からその魅力に迫る。

公開された映像では、ロパートキナの舞台上で優雅に「愛の伝説」を踊る姿と、ストイックに練習を積む姿が交互に映し出され、世界一とも評される“白鳥”が、いかにして作り上げられているかが垣間見える。また本人のインタビューでは、今ではお気に入りの作品だという「白鳥の湖」を、「最初は理解できなかった。第一印象は良くなかったわ」と告白する姿も収められている。

ロパートキナ 孤高の白鳥」は、「至高のエトワール パリ・オペラ座に生きて」などバレエドキュメンタリーを数多く手がけるマレーネ・イヨネスコ監督がメガホンをとる。1月30日から、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi