二階堂ふみ、高校時代から出演を熱望していた「蜜のあわれ」映画化に感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月28日 > 二階堂ふみ、高校時代から出演を熱望していた「蜜のあわれ」映画化に感無量
メニュー

二階堂ふみ、高校時代から出演を熱望していた「蜜のあわれ」映画化に感無量

2016年1月28日 15:30

二階堂は劇中衣装を思わせる赤いドレスで登場「蜜のあわれ」

二階堂は劇中衣装を思わせる赤いドレスで登場
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大正期に活躍した詩人・小説家の室生犀星が晩年に発表した小説を映画化した「蜜のあわれ」の試写イベントが1月27日に都内で行われ、主演の二階堂ふみ大杉漣石井岳龍監督が登壇した。

映画は、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子(二階堂)と老作家(大杉)の奇妙な関係を幻想的なタッチで描く。高校生の時に原作を読んで以来、ずっと出演を夢見ており、石川・金沢にある室生犀星記念館にも足を運んだという二階堂は「ずっとやりたいと言い続けていたら、出合うときがあるんだと実感した」と万感の思いを語る。

人であって人でない個性的な役どころについては「頭で考えてやるよりは体から外に出していくやり方。全部すごく気持ちがいいセリフでしたし、セリフを発するだけで新鮮な毎日でした」と振り返ったが、「二階堂さんは金魚(そのもの)なんですよね。それがすべて」(大杉)、「二階堂さんはテスト時点から役が憑依(ひょうい)していて、もったいないから止める感じでした」(石井監督)と近くで見ていた2人もはまり具合を絶賛。石井監督は、共に初タッグとなる二階堂・大杉の相性のよさを指摘し「2人の芝居に酔わされましたね。これをどう届けるかが私の使命です」と感慨深げに語った。

「戦わなくちゃいけない現場だった」(大杉)と撮影中は苦労も多かったようだが、わずかな時間を利用して2人はドライブに行き、ウサギと触れ合える施設で羽を伸ばすなど親睦に深めたそう。「役としてめでていただいた」と先輩への感謝を語った二階堂の言葉を受け、大杉は「物を作るっていうのはシステムじゃないな。映画って、気持ちなんだと思います」としみじみ。老作家を演じ終えた今「老いていくことって悪くないなと思います」と笑顔を見せた。

蜜のあわれ」は、真木よう子韓英恵上田耕一渋川清彦高良健吾永瀬正敏らが脇を固める。4月1日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi