ギャング×FBI、まさかの密会が発覚!「ブラック・スキャンダル」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月28日 > ギャング×FBI、まさかの密会が発覚!「ブラック・スキャンダル」本編映像
メニュー

ギャング×FBI、まさかの密会が発覚!「ブラック・スキャンダル」本編映像

2016年1月28日 15:30

バルジャーとコノリーの関係が物語のキー「ブラック・スキャンダル」

バルジャーとコノリーの関係が物語のキー
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.,
CCP BLACK MASS FILM HOLDINGS, LLC, RATPAC ENTERTAINMENT,
LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートンベネディクト・カンバーバッチが顔をそろえたクライム・サスペンス「ブラック・スキャンダル」の本編映像が公開された。後に犯罪王として君臨する実在のギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(デップ)に、幼なじみでFBIの捜査官ジョン・コノリー(エドガートン)が“協定”を持ちかける重要シーンを切り取っている。

映画は、1975年以降の米ボストンが舞台。コノリーの情報屋となったバルジャーが次第に勢力を拡大し、政治家になった弟のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)を巻き込んで暴走していく。

本編映像では、バルジャーに再会したコノリーが、敵対組織がバルジャーの命を狙っているという情報をちらつかせ、「俺はそういう情報が手に入る。そしてそれを提供できる」とすり寄るさまや「互いに利用し、助け合うんだ」と説得する姿が描かれる。バルジャーはその場では決断を下さないものの、揺れているのは明らか。デップが、脳内で損得勘定をはかっているであろうバルジャーの複雑な表情を絶妙なさじ加減で演じているほか、「密告者は許さねえ」とすごむ姿からは、バルジャーの凶暴な性格が垣間見える。

対するエドガートンは、正義感に燃える男ではなく、どこか軽薄さを感じさせる人間くさいキャラクターとしてコノリーを表現。両者の関係が変容していくさまが作品の中核となっており、公開された本編映像は2人がただの幼なじみではなくなってしまった瞬間をとらえたものと見ることもできる。

ブラック・スキャンダル」は、クリスチャン・ベールウッディ・ハレルソンケイシー・アフレックらが出演した「ファーナス 訣別の朝」(13)のスコット・クーパー監督がメガホン。1月30日から全国公開。

【おトク値!】ファーナス/訣別の朝 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 【おトク値!】ファーナス/訣別の朝 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,154 ハリウッドを代表するアカデミー賞常連名優たちの競演!観る者の心をつかんで離さない、強烈なアメリカン・クライムドラマの傑作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi