アップル共同創業者はM・ファスベンダー版「スティーブ・ジョブズ」をどう見た? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月26日 > アップル共同創業者はM・ファスベンダー版「スティーブ・ジョブズ」をどう見た?
メニュー

アップル共同創業者はM・ファスベンダー版「スティーブ・ジョブズ」をどう見た?

2016年1月26日 17:00

映画ではセス・ローゲンがウォズニアック氏を演じる「50/50 フィフティ・フィフティ」

映画ではセス・ローゲンがウォズニアック氏を演じる
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] かつて故スティーブ・ジョブズ氏と共にアップルを立ち上げたスティーブ・ウォズニアック氏が、第88回アカデミー賞で2部門(主演男優賞・助演女優賞)にノミネートされた映画「スティーブ・ジョブズ」の魅力やジョブズ氏の思い出を語ったインタビュー映像が公開された。

映画は、1984年のMacintosh、アップルを追われたジョブズ氏が作った88年のNeXT Cube、アップル復帰後に発表した98年のiMacという3つの新作発表会のプレゼンテーション直前40分間の舞台裏を中心に、ジョブズ氏の知られざる内面に迫る。ジョブズ氏をマイケル・ファスベンダー、ウォズニアック氏を「50/50 フィフティ・フィフティ」(11)のセス・ローゲンが演じている。

映画を「ジョブズの人間関係や葛藤が描かれている作品だ」と語るウォズニアック氏は「誰も知らないジョブズを時々思い出すよ。会社を設立する前の彼だ。当時はよくふざけあって笑った。彼は自身を変えたんだ」と振り返る。劇中ではウォズニアック(ローゲン)がジョブズ(ファスベンダー)に「本当の君はこんな男じゃない」と訴えるシーンも描かれ、両者の愛憎とも取れる複雑な関係がアクセントを与えている。

ウォズニアック氏は技術者としてコンピュータ界に多大な影響を与えたが、ジョブズ氏ならではの強みを「マーケティングとシンプルさの追求だ」と語り「彼は“指揮者”として世界を変えていった」と回想。劇中ではジョブズとウォズニアックが何度も衝突するさまが描かれるが「彼は技術的指導者として偉大な功績を残した。エジソン並みにね。性格の悪さも歴史に残るだろうが、彼が我々の未来に貢献したことは事実だ」と亡き親友の面影をしのんだ。

スティーブ・ジョブズ」は、「スラムドッグ$ミリオネア」(08)のオスカー監督、ダニー・ボイル監督がメガホン。「ソーシャル・ネットワーク」(10)のアーロン・ソーキンが脚本を手掛け、第73回ゴールデングローブ賞で脚本賞に輝いた。2月12日から全国公開。

50/50 フィフティ・フィフティ[Blu-ray/ブルーレイ] 50/50 フィフティ・フィフティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 27歳、生存率50%のガン宣告。友だち、仕事、家族、好きなひと…。人生あきらめるには早すぎる。ガンを克服した脚本家の実体験を完全映画化!
スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] スラムドッグ$ミリオネア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,071 第81回アカデミー賞で最多の8部門、第66回ゴールデングローブ賞で最多の4部門を受賞!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi