C・ブランシェット、「キャロル」は「ロミオとジュリエット」のような壮大な物語 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月23日 > C・ブランシェット、「キャロル」は「ロミオとジュリエット」のような壮大な物語
メニュー

C・ブランシェット、「キャロル」は「ロミオとジュリエット」のような壮大な物語

2016年1月23日 11:45

対面を果たしたケイト・ブランシェットと寺島しのぶ

対面を果たしたケイト・ブランシェットと寺島しのぶ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞でオスカーを2度(主演女優賞・助演女優賞)手にしているケイト・ブランシェットが、主演映画「キャロル」を引っさげて来日し、1月22日に都内で行われたジャパンプレミアに出席。ゲストとして女優の寺島しのぶも登壇した。

第88回アカデミー賞では、ブランシェットの主演女優賞に加え、助演女優賞(ルーニー・マーラ)、脚色賞、撮影賞、衣装デザイン賞、作曲賞の6部門ノミネートを果たした本作。1950年代のニューヨークを舞台に、運命的に出会い、互いにひかれあう2人の女性の物語がつづられる。

ブランシェットが映画のプロモーションで来日するのは初めてということもあり、会場内の通路に敷かれたレッドカーペットに姿を見せるとあふれんばかりの歓声が沸き起こる。オスカーノミネートに対して祝福の拍手がわき上がると「ありがとうございます」と笑顔を見せ、「ルーニーとの2人一緒でのノミネートが何よりうれしいです」と喜びを口にした。

映画で展開する物語について「ご存知の方も多いと思いますが、原作小説を手掛けたパトリシア・ハイスミス(『太陽がいっぱい』など)は犯罪小説の女王と呼ばれた作家。しかし、ここで描かれる犯罪は銃でも殺人でもなく、愛そのものなのです」と言葉に力をこめる。作品全体を見渡し「トッド・ヘインズ監督だからこその『ロミオとジュリエット』のような壮大な物語になりました。結局のところ愛は愛なのです」と語った。

ブランシェットを「女優として尊敬している」という寺島は、大きな花束を手に登場。映画について「夢のような美しい作品」と語り、ブランシェットとマーラについても「見る人の心をつかんで離さないお芝居が素晴らしかったです」と最敬礼だった。

過去には同じヘインズ監督作「アイム・ノット・ゼア」(07)で男性ミュージシャン、ボブ・ディランを演じたブランシェットに対し、寺島は「今度は何の役をやったら新しい自分を出せると思いますか?」と質問。これにブランシェットは「相撲の力士の人生はどうかしら?」と返し、会場は笑いに包まれた。最後にブランシェットは観客に向けて「我々が愛で作り上げた映画です」と語りかけていた。

キャロル」は2月11日から公開。

(映画.com速報)
アイム・ノット・ゼア[DVD] アイム・ノット・ゼア[DVD] 最安価格: ¥982 謎に包まれた伝説のアーティスト、ボブ・ディランの実像を、鬼才トッド・ヘインズ監督が豪華キャストで映像化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi