ルーシー・ブラックマンさん事件、ハリウッドで映画化か : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月22日 > ルーシー・ブラックマンさん事件、ハリウッドで映画化か
メニュー

ルーシー・ブラックマンさん事件、ハリウッドで映画化か

2016年1月22日 15:00

六本木のホステスだった英国人女性が遺体で発見された事件

六本木のホステスだった英国人女性が遺体で発見された事件
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2000年に英国人女性ルーシー・ブラックマンさんがバラバラ遺体となって発見された事件が、ハリウッドで映画化される可能性が浮上した。

英タイムズ紙アジア編集長兼東京支局長であるリチャード・ロイド・パリー氏のノンフィクション書「黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実」の映画化権を、米20世紀フォックスが獲得した。米Deadlineによれば、現時点ではプロデューサー、監督は未定だという。

東京・六本木でホステスとして働いていた当時21歳のブラックマンさんが失踪し、後に神奈川県の海岸近くの洞窟でバラバラ遺体となって発見された猟奇事件。犯人とされる織原城二受刑者は、オーストラリア人女性ら9人への準強姦致死罪などで無期懲役の判決が確定し服役しているが、ブラックマンさんに対するわいせつ目的誘拐や死体損壊・遺棄罪が認定された一方で、乱暴し死亡させたとはいえないとして準強姦致死は認められていない。

原作者のパリー氏は当時、英インディペンデント紙の東京特派員として、ブラックマンさん失踪当初から事件を追っていた。原作は12年に出版された「People Who Eat Darkness: The True Story of a Young Woman Who Vanished from the Streets of Tokyo-and the Evil That Swallowed Her Up」で、邦訳は15年4月に早川書房から出版されている。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi