妻夫木聡「家族はつらいよ」で1カ月間ピアノを猛特訓!ショパン弾くも「笑ってやって」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > 妻夫木聡「家族はつらいよ」で1カ月間ピアノを猛特訓!ショパン弾くも「笑ってやって」
メニュー

妻夫木聡「家族はつらいよ」で1カ月間ピアノを猛特訓!ショパン弾くも「笑ってやって」

2016年1月20日 12:00

ピアノ調律師役を演じた妻夫木聡「家族はつらいよ」

ピアノ調律師役を演じた妻夫木聡
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・妻夫木聡が1月19日、東京・丸の内ピカデリーで行われた出演映画「家族はつらいよ」の完成披露舞台挨拶に、共演の橋爪功吉行和子西村雅彦中嶋朋子蒼井優、メガホンをとった山田洋次監督とともに出席した。妻夫木は、今作のために約1カ月間ピアノの特訓を重ねたことを告白した。

映画は、山田監督の「東京家族」(2012)で一家を演じたキャスト陣が再結集し、熟年夫婦の離婚騒動をめぐって織り成される人間模様を描く。結婚50年目を目前に控えた平田夫妻の夫・周造が、誕生日を迎える妻・富子に「プレゼントに欲しいもの」を聞くと、その答えは「離婚届」だった。降って沸いた離婚騒動に子どもたちは大慌てで、即座に家族会議が開かれるものの、長年抱えたそれぞれの不満が噴出する。

妻夫木が演じたのは、平田家の次男でピアノ調律師・庄太役。しかしその役どころは撮影直前に変更されたものだそうで、「『調律師って何だ?』というところから、勉強を何回もさせて頂いて現場に臨みました」と語る。さらに現場では、山田監督から「最後に、ショパンなんかを弾いてもらいたい」とリクエストされたといい、妻夫木は苦笑いを浮かべながら「冗談だと思っていたらどうやら本気だったらしく、それから1カ月間くらいピアノを練習しました。僕のピアノ姿があるので、そこで笑ってやってください」と呼びかけた。

また、男性キャスト陣には「撮影で『つらいよ』と思ったこと」という質問が寄せられた。妻夫木はやはり「お芝居は山田監督につけてもらうので大丈夫だったんですが、ショパンはつらかったですね……」と答え、「『ノクターン』を聞いてみたんですが、皆は他人事だと思って『弾けるわけねーだろ』って大笑いするんですよね。僕は笑えなかったです」と吐露。しかし「さきほど、監督のお褒めの言葉をいただきました」と話し、山田監督が「大丈夫です、立派なもんです」と太鼓判を押すと、会場を温かい拍手が包み込んでいた。

家族はつらいよ」は、3月12日から全国で公開。

(映画.com速報)
東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族 豪華版【初回限定生産】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,644 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi