神木隆之介が演じるウザキャラの七変化 「TOO YOUNG TO DIE!」場面写真一挙公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > 神木隆之介が演じるウザキャラの七変化 「TOO YOUNG TO DIE!」場面写真一挙公開
メニュー

神木隆之介が演じるウザキャラの七変化 「TOO YOUNG TO DIE!」場面写真一挙公開

2016年1月20日 12:00

ウザキャラだけど愛される? 大助の“七変化”に注目「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

ウザキャラだけど愛される?
大助の“七変化”に注目
(C)2016 Asmik Ace, Inc. / TOHO CO., LTD. /
J Storm Inc./ PARCO CO., LTD. / AMUSE INC. /
Otonakeikaku Inc./ KDDI CORPORATION / GYAO Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宮藤官九郎が監督・脚本を手がけ、長瀬智也神木隆之介が共演した「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」で、神木扮する高校生・大助が見事な「七変化」を見せている場面写真が一挙公開された。

同作は、修学旅行中に事故で死んでしまい、地獄に落ちた高校生・大助が、思いを寄せるクラスメイトのひろ美とキスするため、現世によみがえろうと奮闘する姿を描くコメディ。地獄専属ロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカル&ギターで、地獄農業高校・軽音楽部顧問として大助を厳しく指導する赤鬼・キラーKに、長瀬が扮している。

公開された場面写真は、地獄の高校で拷問器具を付けながら授業を受ける姿をはじめ、大助がキラーKのきつい特訓に表情をゆがめる姿や、ひろ美にキスを迫ろうとする様子、さらに、なぜかインコの姿になってしまう場面など、「七変化」と呼べそうなほど表情豊かな神木の姿が多数収められている。

近年の神木といえば、「るろうに剣心 京都大火編」「伝説の最期編」では、悲しい過去の影響で感情が欠落した瀬田宗次郎役、ドラマ「学校のカイダン」では天才スピーチライターの雫井彗役、「バクマン。」では漫画家をひたむきに目指す高校生・高木秋人役を演じるなど、クセのある役も善悪や明暗を演じ分けてみせ、役の幅を広めている。

そうした中で挑んだ今回の大助というキャラクターを、神木は「大助は自分中心に世界が回っているし、自分がかっこいいと思っているし、俺が全部合っているでしょ? って思っているんです」と分析。その上で、「イライラするけど憎めない、かわいげの欠片が見えたらいいなあと思いながら演じていました」と明かし、「僕は調子に乗っている芝居が得意なんだなって、今回初めて思いました(笑)」と手ごたえも感じている。

また今回の写真の中には、ギターを演奏している姿もあるが「現場では監督から『顔で弾け』と言われたので顔で弾いていましたけど(笑)、ギターはこれからも練習していきたいと思いました」と振り返っている。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は2月6日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi