クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期
メニュー

クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期

2016年1月20日 18:55

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の一場面「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の一場面
(C)2016 Asmik Ace, Inc./TOHO CO., LTD.
/J Storm Inc./PARCO CO., LTD./AMUSE INC.
/Otonakeikaku Inc./KDDI CORPORATION/GYAO Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月6日公開予定の宮藤官九郎監督の映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のシーンの一部が、長野県で1月15日に発生したスキーバス転落事故を想起させる可能性があるとし、製作委員会幹事のアスミック・エースと東宝が20日、公開延期を発表した。

映画は、修学旅行中に事故に遭遇し、地獄に落ちてしまった高校生が地獄農業高校の音楽部顧問でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカルである赤鬼・キラーKと出会う物語。長瀬智也が主演する。

新たな公開時期は未定で、決定次第告知される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • デッドプールの評論 デッドプール 珍ヒーロー爆誕!超過激な“赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。
  • FAKEの評論 FAKE 「佐村河内守」とは何者?映画の仕掛けた迷路に迷い込む、刺激と驚きの怪作
  • 神様メールの評論 神様メール シリアスなテーマもファンタジックに描く、幸せな驚きに溢れた作品
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

有限会社ミラクルヴォイス

やる気と体力、想像力のある方を募集しています!

職種(1)映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験者も可)(...

グロービジョン株式会社

アメリカ・ヨーロッパ・アジア全般の海外ドラマ/映画が大好きな方、言葉に興味...

職種(1)制作進行 (2)吹替版・字幕制作アシスタント業務
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi