クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期
メニュー

クドカン新作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」が公開延期

2016年1月20日 18:55

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の一場面「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」の一場面
(C)2016 Asmik Ace, Inc./TOHO CO., LTD.
/J Storm Inc./PARCO CO., LTD./AMUSE INC.
/Otonakeikaku Inc./KDDI CORPORATION/GYAO Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2月6日公開予定の宮藤官九郎監督の映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のシーンの一部が、長野県で1月15日に発生したスキーバス転落事故を想起させる可能性があるとし、製作委員会幹事のアスミック・エースと東宝が20日、公開延期を発表した。

映画は、修学旅行中に事故に遭遇し、地獄に落ちてしまった高校生が地獄農業高校の音楽部顧問でロックバンド「地獄図(ヘルズ)」のボーカルである赤鬼・キラーKと出会う物語。長瀬智也が主演する。

新たな公開時期は未定で、決定次第告知される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi