劇場版「名探偵コナン」第20弾、物語の鍵握る“オッドアイ”が光るポスター完成! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > 劇場版「名探偵コナン」第20弾、物語の鍵握る“オッドアイ”が光るポスター完成!
メニュー

劇場版「名探偵コナン」第20弾、物語の鍵握る“オッドアイ”が光るポスター完成!

2016年1月20日 17:00

今作では「黒の組織」の内部に迫る「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」

今作では「黒の組織」の内部に迫る
(C)2016 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「名探偵コナン」の劇場版第20弾「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」のポスタービジュアルが、このほど完成した。原作でもいまだ明かされていない、「黒の組織」の内部に迫る今作。ビジュアルでは、コナンたちや組織の中心メンバーが勢ぞろいし、物語の鍵を握る“オッドアイの女性”の瞳が光る様子をとらえている。

ポスター上部には、不敵な笑みを浮かべるGin(ジン)、Vodka(ウォッカ)、Vermouth(ベルモット)、Chianti(キャンティ)、Korn(コルン)らが配置。そして「暴かれたダブルフェイス! 宿命が導く、頂上決戦ミステリー!!」というコピーとともに、黒の組織に潜入した捜査官である赤井秀一(FBI)、安室透(公安)、水無怜奈(CIA)の“ターゲット写真”が映し出されており、3人に危険が迫ることが示唆されている。

ある夜、日本警察にスパイが侵入するところから物語はスタートする。英MI6、独BDN、米CIAなどの諜報機関や、FBIに関する機密データを持ち出そうとするが、安室率いる公安が駆けつけ、間一髪のところで撃退。車を奪って逃走するスパイと安室が高速道路でデッドヒートを繰り広げるなか、FBIの赤井が放ったライフル弾に撃ち抜かれたスパイの車は、道路のはるか下へ転落していった。

一方、コナンたちはリニューアルオープンした東都水族館にやってきていた。ひときわにぎわう巨大観覧車の下で、コナンは左右で虹彩色が異なるオッドアイを持つ記憶喪失の女性と出会う。記憶が戻るよう手助けするコナンたちの様子を、ベルモットが影から監視していた。「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」は、4月16日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi