イタリアの巨匠エットレ・スコーラ監督が死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > イタリアの巨匠エットレ・スコーラ監督が死去
メニュー

イタリアの巨匠エットレ・スコーラ監督が死去

2016年1月20日 15:00

2015年10月のローマ映画祭に参加した エットレ・スコーラ監督「もしお許し願えれば 女について話しましょう」

2015年10月のローマ映画祭に参加した
エットレ・スコーラ監督
Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 現代イタリア映画界の巨匠で脚本家のエットレ・スコーラ監督が1月19日(現地時間)、ローマの病院で死去したことがわかった。84歳だった。

1931年生まれのスコーラ監督は、16歳の時にフェデリコ・フェリーニが漫画を描いていた風刺雑誌「マルカウレリオ」に参画。その後、脚本家として映画界でのキャリアをスタートさせ、64年に「もしお許し願えれば女について話しましょう」で初メガホンをとった。「あんなに愛しあったのに」(74)をはじめとした第2次世界大戦後のイタリア社会をとらえた作品のほか、「マカロニ」(85)や「星降る夜のリストランテ」(98)といったヒューマンドラマで知られる。

さらにカンヌ映画祭の常連として知られ、76年の「醜い奴、汚い奴、悪い奴」が監督賞、80年「La Terrazza(原題)」が脚本賞を受賞。「ル・バル(1983)」では、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)に輝いた。名優マルチェロ・マストロヤンニソフィア・ローレンを主演に迎えた「特別な一日」(77)は、アカデミー賞外国語映画賞にノミネート。フェリーニ監督の没後20年を機に、その素顔に迫ったドキュメンタリードラマ「フェデリコという不思議な存在」(13/監督・脚本)が遺作となった。

英ガーディアン紙によれば、イタリアのマッテオ・レンツィ首相はTwitterで、スコーラ監督の死は「イタリア文化に大きな喪失をもたらす」と哀悼の意を表しているという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi