第10回田辺・弁慶映画祭記念映画制作コンペ最優秀企画は飯塚俊光監督に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月20日 > 第10回田辺・弁慶映画祭記念映画制作コンペ最優秀企画は飯塚俊光監督に決定
メニュー

第10回田辺・弁慶映画祭記念映画制作コンペ最優秀企画は飯塚俊光監督に決定

2016年1月20日 08:00

飯塚俊光監督「独裁者、古賀。」

飯塚俊光監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]昨年10月から募集していた田辺・弁慶映画祭の第10回記念映画制作「企画コンペティション」の最優秀企画が、飯塚俊光監督の「Poetry Angel」(仮題)に決定した。

田辺・弁慶映画祭は今年、第10回開催を迎えることを記念し、第9回までのコンペティション部門入選監督までを対象に映画を制作するための企画を募集。90分程度の映像化を想定した企画で、同映画祭の開催地である和歌山県田辺市内を中心に撮影を行うことなどが応募要件とされていた。昨年11月末までの募集期間に、22監督から計27企画の応募があり、第8回に「独裁者、古賀。」で入選している飯塚監督の企画が、厳正な選考を経て選ばれた。

記念映画制作費の補助金として300万円と、そのほか撮影にかかわる面などで同映画祭事務局から最大限のサポートが得られる。そして、完成した記念映画は第10回同映画祭(11月開催)でプレミア上映される予定。

「Poetry Angel」(仮題)は、梅農家の青年と障害を持つ少女が、「詩のボクシング」と出合い、自分を変えていく物語。「詩のボクシング」とは、ボクシングリングに見立てたステージ上で、2人の朗読ボクサーがオリジナル作品を声に出して表現し、どちらの言葉が聞き手の心に届いたかを判定して勝敗を決めるというエンタテインメント性のあるスポーツ。「詩のボクシング」を通し変わっていく人々の生き様をリング上で表現しようとする興味深い企画だ。

3月末までにシナリオを執筆し、夏に田辺市内を中心に撮影、10月の完成を目指す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi