蒼井優「家族はつらいよ」“影の原案者”として貢献 山田監督「原案・蒼井にしなくちゃ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月19日 > 蒼井優「家族はつらいよ」“影の原案者”として貢献 山田監督「原案・蒼井にしなくちゃ」
メニュー

蒼井優「家族はつらいよ」“影の原案者”として貢献 山田監督「原案・蒼井にしなくちゃ」

2016年1月19日 20:03

共演した蒼井優と妻夫木聡「家族はつらいよ」

共演した蒼井優と妻夫木聡
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督の喜劇映画「家族はつらいよ」の完成報告会見が1月19日、東京・有楽町の朝日スクエアで行われ、出演の橋爪功吉行和子西村雅彦中嶋朋子、林家正蔵、妻夫木聡蒼井優、メガホンをとった山田監督が出席。「東京家族」(2012)でも一家を演じただけに、キャスト陣は息ぴったりの掛け合いを繰り広げ、場内を笑いに包み込んだ。

妻夫木扮する次男・庄太の恋人である憲子役の蒼井は、「『東京家族』の時に、みんなで『崩壊家族』『脱線家族』とかタイトルをつけて、冗談で別の話を妄想してストーリーを作っていたのが、この作品のスタートだったと思います」といい、「皆で笑いながら話していたことが、本当に映画になったんだと、改めて実感しています」とニッコリ。これを受け、熟年離婚をテーマに扱った山田監督は「蒼井さんの知り合いに、夫が『誕生日に何かあげようか』と言ったら、妻が『じゃあ離婚届にハンコちょうだい』っていう人が本当にいたらしいですよ」と振り返り、「その話を聞いてびっくりして、申し訳ないんですけど大笑いした。そこから映画ができるんじゃないかなと思った。本当は、原案・蒼井優にしなくちゃいけない」と蒼井が影の原案者であることを明かした。

さらに橋爪は、「蒼井優がさっき楽屋で、原案だから『これから私を先生と呼んで』と言っていて、開いた口がふさがらなかった。これからは先生と呼ぶようにします(笑)」とチクリ。マイクを受け渡された蒼井は、「友人の話を伝えただけなので、原案というのは……」と一度は謙そんしたものの、山田監督から「あなたがその話に興味を持って、覚えていたわけだからね、先生だよ」とダメ押しをされると、「じゃあ、先生です」とおずおずと承諾していた。

また妻夫木は、“家族”との再共演に「本当の家族のように一緒にいられた。深いことを話さずとも通じ合える部分が生まれていました」としみじみ。そして蒼井も、妻夫木との演技を「婚約者同士を演じるにあたって、プライベートで会う仲ではないですが、知り合ってから10年くらい経つ仲が、芝居に生きるなということを感じました」と語り、月日の積み重ねに思いを馳せた。

家族はつらいよ」は、山田監督が「男はつらいよ」シリーズ以来、約20年ぶりの喜劇映画を手がけ、熟年夫婦の離婚騒動をめぐって織り成される人間模様を描く。3月12日から全国で公開。

(映画.com速報)
東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 東京家族[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 半世紀のあいだ、その時代、時代の〈家族〉と向き合ってきた山田洋次監督が、いま2012年の家族を描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi