「ダイナマイト・ファミリー」ユン・サンヒョン、「2PM」チャンソンの体重にクレーム!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月18日 > 「ダイナマイト・ファミリー」ユン・サンヒョン、「2PM」チャンソンの体重にクレーム!?
メニュー

「ダイナマイト・ファミリー」ユン・サンヒョン、「2PM」チャンソンの体重にクレーム!?

2016年1月18日 06:00

舞台挨拶に立ったユン・サンヒョン&イ・アイ「ダイナマイト・ファミリー」

舞台挨拶に立ったユン・サンヒョン&イ・アイ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 韓国の人気アイドルグループ「2PM」のチャンソンが映画初主演した「ダイナマイト・ファミリー」の公開記念舞台挨拶が1月17日、東京・シネマート新宿で行われ、ユン・サンヒョンイ・アイが登場した。

映画は、両親の再婚によって家族になった不仲な5人のきょうだいが、両親が行方不明になったことから巻き起こす騒動を描くコメディ。チャンソンとの共演の感想を問われると、長男役のユンは「ぶら下がっているチェーンを兄弟がつかむシーンがあるのですが、その順番は僕が最初につかみ、その上に倒れ込むようにチェンソンさんがつかみ、ソン・セビョクさんがつかみ、イ・アイさんがつかむので、僕が下敷きになってしまった」と述懐。さらに、「チャンソンさんはとっても重いのですが、そのうえジャンプをして倒れ込んでくるので、監督に順番を変えてほしいと頼んだが、『長男が最初じゃなきゃ』と却下された」と明かすと、場内は大爆笑だった。

チャンソンは、口が悪く威勢はいいが間抜けな三男を体当たりで演じ、アイドルとしてのイメージを覆す名コメディアンぶりを発揮している。ユンは「僕が演じた長男は、ほかのきょうだいのケンカを仲裁する役。だが、ケンカのシーンではチャンソンさんのアドリブがあまりにも面白くて、何度もNGを出してしまった」と熱演ぶりに最敬礼だ。

一方、長女役のイは、チャンソンのほほを叩く場面を挙げ「チャンソンさんはすごく痛そうなのに痛いと言わず、ほっぺたを私の方に向けてくれた」と役者魂を称賛。だが、叩く場面は1発OKではなかったといい、「力と心を込めて叩いたがNGになり、6回くらい叩きました」と明かし、「チャンソンさんのファンの方々、すみません」と申し訳なさそうに頭を下げた。「ダイナマイト・ファミリー」は公開中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi