佐々木心音、性の解放描いた香港映画で声優初挑戦「心は素っ裸になれた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月16日 > 佐々木心音、性の解放描いた香港映画で声優初挑戦「心は素っ裸になれた」
メニュー

佐々木心音、性の解放描いた香港映画で声優初挑戦「心は素っ裸になれた」

2016年1月16日 23:00

異性愛と同性愛の両立をテーマにした意欲作「ユートピア」

異性愛と同性愛の両立をテーマにした意欲作
[拡大画像]

[映画.com ニュース]香港インディーズ映画界の異才スカッド監督の最新作「ユートピア」が1月16日公開し、スカッド監督と主演俳優アドニスが来日、日本語吹き替え版に参加した野村宏伸佐々木心音土屋貴子二木智耶子とともにヒューマントラストシネマ渋谷で舞台挨拶を行った。

異性愛と同性愛の両立をテーマに、男女の新しい愛のかたちを模索したスカッド監督の長編第6作。主人公の恋人ジョーイ役として、今作が声優初挑戦となった佐々木は「ブースの中では裸になれなかったけれど、ジョーイと一体化できるように前のめりに心は素っ裸になれた」と自信。およそ30年ぶりに声の演技をしたという野村は、新婚の妻と共に本作のノーカット版DVDを鑑賞したそうで「衝撃的でしたが内容がちゃんとあった」と感想を述べた。

スカッド監督は「性の解放、人生の苦しみからの逃避、我々の思想を自由にすることを描きたかった」と本作のテーマを語り、「日本の規制が自由になり、自然体の肉体を見せられるよう願っています。私の作品のありのままを見てもらって、フィードバックをいただければ今後の作品がよりよくなる」と、ディレクターズカット版での上映を願っていた。

三島由紀夫を敬愛する青年ヒンズと恋人ジョーイが通う大学に、古代ギリシャ文化を研究するミン教授が赴任してくる。ミン教授は学生たちの前で自分がゲイであることを告白し、教室のスクリーンに自分と男性が裸で抱きあっている写真を映し出す。ジョーイは嫌悪感を露にするが、ヒンズは困惑しながらもミン教授と関係を持つ。日本語吹き替え版での上映となり、主人公ヒンズの声を「一週間フレンズ。」の山谷祥生が担当した。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi