ハネケ監督次回作はヨーロッパの難民問題もテーマに イザベル・ユペールら出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月15日 > ハネケ監督次回作はヨーロッパの難民問題もテーマに イザベル・ユペールら出演
メニュー

ハネケ監督次回作はヨーロッパの難民問題もテーマに イザベル・ユペールら出演

2016年1月15日 17:00

「ピアニスト」の二人が再タッグ「ジャングル」

「ピアニスト」の二人が再タッグ
Photo by Hannes Magerstaedt/Getty Images、
写真:Action Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督が、次回作「ハッピー・エンド(原題)」の撮影を、今春フランスの都市カレーで開始すると米Deadlineが報じた。

港町カレーは、歴史的にイギリスへの玄関口として知られ、昨年はアフリカや中東から多くの難民が殺到して「ジャングル」と呼ばれるキャンプが形成されたことが報じられ注目を集めた。

Deadlineによれば、「ハッピー・エンド(原題)」ではヨーロッパの難民や移民の問題もテーマの一部として扱うという。ハネケ監督は昨年10月、ヨーロッパの映画関係者約5000人とともに、EUに対する難民支援の請願キャンペーン「For a Thousand Lives: Be Human」への支持を表明している。

キャストには、2012年の前作「愛、アムール」のジャン=ルイ・トランティニャンとイザベル・ユペール(2001年の「ピアニスト」にも主演)が予定されている。

愛、アムール[DVD] 愛、アムール[DVD] 最安価格: ¥989 人生はかくも長く、素晴らしい。第85回アカデミー賞外国語映画賞受賞など、国際賞レースで大接戦を繰り広げた話題作!
ピアニスト[DVD] ピアニスト[DVD] 最安価格: ¥1,442 一流のピアニストになるため、ピアノ以外のことを束縛されて育ってきた中年女性と、その彼女を愛してしまった年下の男性の苦悩に満ちた切ない恋を描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi