時速230キロ高速滑空、この映像どうやって撮った!?「X-ミッション」“神業”映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月15日 > 時速230キロ高速滑空、この映像どうやって撮った!?「X-ミッション」“神業”映像公開
メニュー

時速230キロ高速滑空、この映像どうやって撮った!?「X-ミッション」“神業”映像公開

2016年1月15日 15:00

超人的なパフォーマンスを披露「X-ミッション」

超人的なパフォーマンスを披露
(C) 2015 Warner Bros. Ent.
(c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エクストリームスポーツを取り入れたアクションサスペンス大作「X-ミッション」の特別映像が公開された。序盤の見せ場のひとつである“ウイングスーツ・フライング”にフォーカスした内容となっている。

若きFBI捜査官ジョニー・ユタ(ルーク・ブレイシー)は、世界各地で人間離れした犯行を重ねる犯罪集団に潜入。エクストリームスポーツのカリスマ、ボーディ(エドガー・ラミレス)をリーダーに、一流アスリートたちで構成された組織と行動を共にし、犯行の目的を探っていく。

CGを使わない脅威のアクションが満載の本作だが、滑空用特殊ジャンプスーツ“ウイングスーツ”を使ったウイングスーツ・フライングは、組織に潜入したばかりのユタの“入団試験”の意味合いも兼ね、ユタが乗り越えねばならない試練のひとつとして描かれる。切り立った崖に到着したメンバーは、岩を地面に落とし、岩が地面にぶつかるまでの時間から危険度を測定。「6秒で生死が決まる」と判断したメンバーは、谷と谷の間を猛スピードで滑空していく。

撮影はスイスのバレンシュタットで行われたが、本作の撮影を担当したウイングスーツ・パイロットのジェイムズ・ブールは「長時間のウイングスーツ場面は、これが映画史上初なんだ」と誇らしげに語る。映像中ではその一部が収録されているが、実際に現場を目撃したテクニカル・アドバイザーのジェブ・コーリスが「僕は人類史上最高のスタントを目撃した。CGはまったく使っていない」と興奮気味に語るとおり、アスリートたちが人間業とは思えないパフォーマンスを見せつける。

ワイルド・スピード」(2001)、「デアデビル」(03)などの撮影を務め、本作のメガホンをとったエリクソン・コア監督は「この場面のため、出演者は2週間で60回以上飛んだ。時速230キロで滑空した」と解説。ブールは特殊なヘルメットにカメラを装着して撮影に挑んでおり、思わず息をのむ映像の数々は、アスリートたちが命を張ったからこそなしえたといえる。

X-ミッション」は、2月20日から全国公開。

ワイルド・スピードMAX[Blu-ray/ブルーレイ] ワイルド・スピードMAX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,375 スピードの限界に命を賭ける若者たちを描いたカー・アクション。
デアデビル/ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] デアデビル/ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 昼は盲目の弁護士だが、夜は悪を倒す正義のヒーロー“デアデビル”の活躍を描いたマーヴェル・コミックが原作のアクション作品30分以上の未公開シーンを追加したディレクターズ・カット・バージョン。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi