竹内結子、ホラー映画克服を誓うも思わずため息 橋本愛は新成人の抱負語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月14日 > 竹内結子、ホラー映画克服を誓うも思わずため息 橋本愛は新成人の抱負語る
メニュー

竹内結子、ホラー映画克服を誓うも思わずため息 橋本愛は新成人の抱負語る

2016年1月14日 21:45

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」は1月30日公開「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」

「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」は1月30日公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース]竹内結子&橋本愛共演で、小野不由美氏の小説を映画化した「残穢【ざんえ】 ―住んではいけない部屋―」の完成披露試写会が1月14日、東京・、丸の内ピカデリーで行われ、竹内、橋本をはじめ、佐々木蔵之介、坂口健太郎滝藤賢一中村義洋監督が出席した。

大の怖がりだという竹内は、昨年10月の東京国際映画祭や12月に行われたトークイベントで、本作の試写会で恐怖のあまり途中から目をつぶっていたことを明かしたが、この日は「今までは、ネガティブキャンペーンが多かったので、そろそろポジティブキャンペーンをやっていきたい」「今年は怖い映画を楽しんで見られるようになりたい!」と前向きな姿勢を見せた。だが客席から、「じゃあ、今から一緒に見ましょう」と声をかけられると、思わずたじろぎ、深いため息をつくと「このため息がこの映画の感想です」と苦笑いしていた。

一方、12日に20歳の誕生日を迎えた新成人・橋本は、20歳になった感想を問われると「あまり変わらないですね。お酒が飲めるようになりたいです」とマイペースに答えたが、「20歳の記念に何かおごって!」と客席からリクエストされると、「えっ! 逆じゃない!?」と素早くツッコミ、会場を笑わせた。

そんな2人を見ていた中村監督は、「(2人を見ていると)ホラーを撮っているということを忘れた。普段こんなに美しい2人が街を歩いていることなんてないですからね」と述懐。これには、佐々木、坂口、滝藤ら男性キャストも強く同調していた。

小説家である「私」のもとに読者の久保さんから「住んでいる部屋で奇妙な音がする」という内容の手紙が届いたことをきっかけに、2人は部屋の調査を開始。やがて、数十年の時を経た驚がくの真相にたどり着く。「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」は、1月30日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi