風間俊介、3度目共演の松岡茉優のディスりに苦笑「誤解解けて良かった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月14日 > 風間俊介、3度目共演の松岡茉優のディスりに苦笑「誤解解けて良かった」
メニュー

風間俊介、3度目共演の松岡茉優のディスりに苦笑「誤解解けて良かった」

2016年1月14日 21:29

元プロボクサーの人気コミックを実写映画化「猫なんかよんでもこない。」

元プロボクサーの人気コミックを実写映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の風間俊介主演の映画「猫なんかよんでもこない。」の完成披露試写会が1月14日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われた。風間はヒロインの松岡茉優山本透監督、原作者の杉作氏とともに上映前に舞台挨拶。「自分が客席にいて、見られて良かったと思える素敵な作品。そんな素晴らしい作品のエンドロールの最初に、自分の名前があることが誇らしい」と胸を張った。

風間は、居候することになった捨て猫と絆を深めていく元プロボクサーという役どころ。「現場は皆が猫に振り回されていたけれど、振り回されながらいろんなものを感じていく映画だから、途中からはこの撮影法で合っていると思えてきた」と振り返った。

松岡とは3度目の共演で、「何度か共演する人はいるけれど、その中でも多いので縁を感じる」と笑顔。さらに、「太陽みたいな人で、現場にいると皆が朗らかになる。やつら(猫たち)も、茉優ちゃんの言うことは、まあ聞くんですわ」と賛辞を送った。

松岡は「へっへっへっ」とドヤ顔で応じたが、「風間さんとの最初の共演ではオノを振り回され、その後があだ討ちだったので、狂気しか見ていなかった。今回は素で猫と戯れている姿を見て、地は狂気の人じゃないんだと5年目で分かった。風間さんが普通の人だと分かる映画です。全編、1度もおかしくならないんです」とディスり気味に暴露。風間は、オノをカマに訂正こそしたものの「誤解が解けて良かったよ。それだけで出たかいがある」と苦笑するしかなかった。

猫なんかよんでもこない。」は、元プロボクサーの杉作氏の実体験に基づく人気コミックの実写映画化。目のケガでプロボクサーの夢を絶たれたミツオが、家に転がり込んできた2匹の捨て猫の面倒を見るようになり、生きる希望を見いだしていく。1月30日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi