さぬき映画祭2016、全ラインナップが発表! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月14日 > さぬき映画祭2016、全ラインナップが発表!
メニュー

さぬき映画祭2016、全ラインナップが発表!

2016年1月14日 17:00

オープニング上映では山田洋次監督も登壇予定「空気人形」

オープニング上映では山田洋次監督も登壇予定
(C)2016「家族はつらいよ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 本広克行監督がディレクターを務める、香川県の「さぬき映画祭2016」(2月11~21日)の全ラインナップが1月14日、発表された。2006年の初開催から10周年を迎え、「映画、だけじゃない映画祭」のコンセプトを内外にアピールしていく。オープニング作品は、山田洋次監督の最新作「家族はつらいよ」。山田監督は、11日の上映に合わせて高松入りし、イオンシネマ高松東での舞台挨拶に立つ予定だ。

また、メディコム・トイ設立20周年を記念して製作された「アニバーサリー」が、21日に無料上映される。“記念日=アニバーサリー”をテーマに、本広監督をはじめ佐々木敦規高橋栄樹萩原健太郎森谷雄という幅広い分野で活躍する監督、脚本家がメガホンをとり、5つの物語を紡いでいく。出演は若葉竜也小橋めぐみ、「乃木坂46」の伊藤万理華ら。上映日には本広監督、高橋監督、今作の音楽を担当したトータス松本が登壇する。

さらに、同県でロケが行われた行定勲監督作「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」が特別上映される。行定監督は、14日に行われる両作のロケ地ツアーに参加し、ツアーコンダクターを務めるという。同県出身の朝原雄三監督の「愛を積むひと」は、13日にバリアフリー上映が決定。毎年好評を博している「本広監督のムチャブリミステリーUDONツアー」は、20日に開催される。

2年ぶりに同映画祭参加となる是枝裕和監督は、「空気人形」「海街diary」の上映時に舞台挨拶を行う。「空気人形」に主演した女優ペ・ドゥナも高松入りし、主演作「私の少女」の舞台挨拶にも出席予定。大根仁監督と東宝の川村元気プロデューサーは、「モテキ」と「バクマン。」を引っさげて来場する。

昨年は主演作「幕が上がる」でライブ付きプレミア上映を行い、映画祭を盛り上げた「ももいろクローバーZ」。今回は、「舞台『幕が上がる』 ライブビューイング版」(ゲストは伊藤沙莉芳根京子)と「ももクロの本気届けます!行くぞ全国!127館舞台挨拶ドキュメンタリー」が特集上映される。ドキュメンタリーは、百田夏菜子篇、佐々木彩夏篇、有安杏果篇、高城れに篇、玉井詩織篇を15~19日の5日間で1作品ずつ上映していく。

新企画としては、同映画祭の公式サイト(http://www.sanukieigasai.com/)に寄せられた「香川県で本当にあった面白い話」の中から原作を選び、それを基に制作して応募された5分以内の短編を一挙上映し、賞金50万円のグランプリ作品を決定する「さぬきストーリー・プロジェクト『ショートムービー』コンペティション」も見逃すことはできない。

さぬき映画祭2016は2月11~21日、イオンシネマ高松東、イオンシネマ綾川、イオンシネマ宇多津、情報通信交流館e-とぴあ・かがわ、アルファあなぶきホール・小ホールほかで開催。

空気人形[DVD] 空気人形[DVD] 最安価格: ¥2,873 業田良家原作の『ゴーダ哲学堂 空気人形』を映画化!
幕が上がる 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 幕が上がる 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,508 ももいろクローバーZの5人が贈る青春ムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi