舘ひろし&柴田恭兵ら「あぶ刑事」チーム、歌舞伎町ジャック!ファン1000人が待ち構える : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月12日 > 舘ひろし&柴田恭兵ら「あぶ刑事」チーム、歌舞伎町ジャック!ファン1000人が待ち構える
メニュー

舘ひろし&柴田恭兵ら「あぶ刑事」チーム、歌舞伎町ジャック!ファン1000人が待ち構える

2016年1月12日 19:54

サラバだぜ「さらば あぶない刑事」

サラバだぜ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気刑事ドラマの劇場版完結編「さらば あぶない刑事」に出演する舘ひろし柴田恭兵浅野温子仲村トオルらが1月12日、東京・新宿の歌舞伎町をジャックした。

この日は、シリーズの舞台である横浜・港署から歌舞伎町へ“遠征”。TOHOシネマズ新宿へと連なるセントラルロードに50メートルのレッドカーペットが敷き詰められた。舘、柴田らがリムジンで登場すると、抽選で選ばれた公式ファンクラブの会員約1000人は大喜び。大歓声を浴びながら握手やハイタッチなどで交流を深めていた。

レッドカーペットを練り歩いた直後に取材に応じた舘は「皆さん、寒いなか待っていてくれていたんだな……。心から感謝したい」とファンに思いを馳せる。4人で取材に応じる機会も多いだけに、浅野は「いい加減、しゃべることも底をついてきた」と明かし、報道陣の笑いを誘った。

映画は、タカとユージが5日後に定年退職を控えるなか、日本に進出してきた中南米マフィアが巻き起こした事件に対し、刑事人生をかけて捜査に乗り出す姿を描く。企画段階から打ち合わせに参加したという舘と柴田は、「手ごたえはあります。映画だから開けてみないと分からないけど、リピートして見てくれたら嬉しいな」(舘)、「ファンの皆さまに恩返しできるような作品になった。こんなに番宣に出たのは初めて」(柴田)と自信のほどをうかがわせた。

撮影中に「いまだ小僧扱いですよ」とこぼしていた仲村は、「『あぶ刑事』に初めて出たのが20歳のころ。あれから倍以上の年になりましたが、やっぱり20歳のころの感覚なんですよね。でもそれがイヤじゃない(笑)」と先輩たちに最敬礼。舘が「きっと(そう扱われることが)好きなんだと思いますよ」と話すと、「2人にいじられるとき、自分が気持ちいいようなかわし方を覚えたんでしょうね。あのころも現場は楽しかったし、今回も楽しかったですよ」と同調していた。

なお、この日は4人のほかベンガル、伊藤洋三郎長谷部香苗菜々緒夕輝壽太吉沢亮入江甚儀村川透監督も出席した。「さらば あぶない刑事」は、1月30日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト

株式会社新日本映画社/エスパース・サロウ

小粒でも記憶に残るイカした映画、丁寧に磨いてデビューさせましょう。

職種映画・宣伝業務全般

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi