石橋冠監督初映画「人生の約束」公開に感激も西田敏行が上からエール「新人だからね」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月9日 > 石橋冠監督初映画「人生の約束」公開に感激も西田敏行が上からエール「新人だからね」
メニュー

石橋冠監督初映画「人生の約束」公開に感激も西田敏行が上からエール「新人だからね」

2016年1月9日 14:08

「池中玄太80キロ」シリーズ石橋冠の映画初監督作「人生の約束」

「池中玄太80キロ」シリーズ石橋冠の映画初監督作
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「池中玄太80キロ」シリーズなどで知られるドラマ界の巨匠・石橋冠監督が、79歳で映画監督に初挑戦した「人生の約束」が1月9日、全国291スクリーンで公開。石橋監督は、主演の竹野内豊江口洋介西田敏行らとともに初日舞台あいさつを東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行った。

石橋監督と初めてタッグを組んだ竹野内は、「子供の頃に『池中玄太』を家族で見ていて、冠さんの第1回映画監督作品に出られ、まさか西田さんと一緒にこの場に立てるとは。とても光栄」と感慨深げ。登壇者はサプライズで「約束」の花言葉を持つ白いバラをプレゼントし、「ものづくりにおける冠さんの情熱、作り手としてのハートを学ばせてもらった。その気持ちを受け継いで、これからも精進していきます」と“約束”した。

江口も、「監督のエネルギーに引っ張られました。当然なんだけれど、心で芝居をしなければ太刀打ちできなかった。俳優をやっていく上ですごくいい作品に出合えた」と感謝。優香は、「ますます健康で、これからもどんどん撮ってください。そして、出してください」とおねだりした。

30年以上の親交のある盟友の西田は、「これまで冠さんのことを1度も監督と呼んだことはないけれど、今日は冠さんに人徳の徳で“冠徳”と呼ばせてもらいます」と、独特の言い回しで称賛。だが、「新人だからね。これからも映画を勉強して2年に1本くらい撮れば、ちょっとは世の中に残る監督になるんじゃないかな」と上から目線で激励し、会場を沸かせた。

両手いっぱいに白いバラの花束を抱えた石橋監督は、「なんか棺おけの中に入っているみたい」と照れながらも、うれしさを隠せない様子。「ずっとテレビをやってきて、どうしても映画を1本撮りたくなって、素晴らしい俳優やスタッフに支えられ一生懸命作った。(客が)3人しかいない夢も見たけれど、1年間関わってきた映画が映されるのは非常に幸せ。僕にとっての人生の約束だったのかな」と感慨深げに話していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi