「妖怪ウォッチ」ハリウッド進出にプロデューサー&ジバニャンが意欲!妖怪19匹が参拝 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月8日 > 「妖怪ウォッチ」ハリウッド進出にプロデューサー&ジバニャンが意欲!妖怪19匹が参拝
メニュー

「妖怪ウォッチ」ハリウッド進出にプロデューサー&ジバニャンが意欲!妖怪19匹が参拝

2016年1月8日 11:08

「妖怪ウォッチ」21キャラクターが結集!「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

「妖怪ウォッチ」21キャラクターが結集!
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気アニメの劇場版第2弾「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」の大ヒット祈願イベントが1月8日、東京・神田明神で開催され、ジバニャン、フユニャン、新キャラクターのUSA(うさ)ピョン、今年の干支であるサルにちなんだサルニャンら19匹の妖怪たちが結集。主人公の天野景太、未空イナホ、クリエイティブプロデューサーの日野晃博とともに本殿で祈祷した。

昨年12月19日に公開された本作は、18日に公開された「スター・ウォーズ フォースの覚醒」を抑え観客動員数ランキングで2週連続1位を獲得。これに対し、記者から「これを機にハリウッドに進出ですか?」と問われた日野は、「海外でも大ヒットさせたい。ハリウッドはひとつの目標だと思っています」と意欲を述べた。これにはジバニャンも思わず飛び上がり、喜びのあまり日野に抱きついていた。

さらに「スター・ウォーズ」シリーズのファンだという日野は、「『スター・ウォーズ』は怪物のような作品なので、興行成績を比較されるだけでも光栄。競い合えて嬉しい。スタッフも祭りのように盛り上がり、世界的な作品と戦えたという喜びに沸き立った」と明かす。そのうえで、「これからも世界と戦えるコンテンツを育てていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

日野は、本作の初日舞台挨拶で劇場版第3作は実写パートを組み込むことを示唆していたが、この日も「3作目は過去にはなかった仕掛けを考えています」と言及。さらに、「その他のメディアにも新しい『妖怪ウォッチ』を展開するつもり。さらに作品の幅が広がっていくはず」とシリーズの今後の展望を明かした。公開中の「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は、「妖怪になったケータ」、「ジバニャンの華麗なる作戦」など、人間と妖怪のきずなをテーマにした5つのエピソードで構成されている。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi