ジョージ・ルーカスがディズニー批判……も即座に撤回 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月7日 > ジョージ・ルーカスがディズニー批判……も即座に撤回
メニュー

ジョージ・ルーカスがディズニー批判……も即座に撤回

2016年1月7日 12:00

ジョージ・ルーカス「スター・ウォーズ」

ジョージ・ルーカス
Photo by Shahar Azran/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカスが、米インタビュー番組でディズニー批判を繰り広げたのち、すぐに発言を撤回したとDeadlineが報じている。

ルーカスは昨年12月25日(現地時間)、米PBSの長寿インタビュー番組「チャーリー・ローズ・ショー」に出演。50分間にわたり自らのキャリアを振り返ったが、ルーカスフィルムのディズニー売却に関するコメントが話題になった。

子どものように大切にしていた「スター・ウォーズ」と離ればなれになるのが辛かったというルーカスは、最新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」に対する批判を展開。「彼らはレトロな映画をやりたいと言ったが、私は反対だった。これまでのすべての映画で、わたしは違ったものを提供しようとした。まったく違った惑星、まったく違った宇宙船を出して、新しいものを提供しようとしていた」。

しかし「フォースの覚醒」が歴史的なヒットを記録し、発言に批判が集中したこともあり、同31日に声明を発表。「言葉選びを間違えた」と謝罪している。

なお、ルーカスの声明全文は以下の通り。

「チャーリー・ローズ・ショー」における自分のインタビューについて説明をさせてもらいたい。あのインタビューは、ケネディ・センター名誉賞(アメリカ文化に寄与した芸術家に贈られる賞)のためのもので、映画のプレミア前に収録されたものだ。私は言葉選びを間違え、とても不適切なメタファーを用いてしまった。このことに関してお詫びしたい。

ディズニーとは過去40年間にわたって一緒に仕事をしてきており、彼らを『スター・ウォーズ』の保護者に選んだのは、ディズニーと、ボブ・アイガー会長のリーダーシップに尊敬の念を抱いているからだ。ディズニーは『スター・ウォーズ』というフランチャイズを大切に扱い、見事に発展させている。私は自らの心情を明らかにするために声明を発表することはめったにしたことがないが、ディズニーが『スター・ウォーズ』を抱えていること、映画やテレビ、パークでエキサイティングな方向へ導いてくれていることを、心から喜んでいることをきちんと伝えておきたい。なによりも、新作の記録破りの大成功にびっくりしているし、J・J(・エイブラムス監督)とキャシー(・ケネディ)のことをとても誇りに思っている」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi