小栗旬、人生初ランウェイで水着&甲冑美女にデレデレ!「めでたいなあ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月7日 > 小栗旬、人生初ランウェイで水着&甲冑美女にデレデレ!「めでたいなあ」
メニュー

小栗旬、人生初ランウェイで水着&甲冑美女にデレデレ!「めでたいなあ」

2016年1月7日 20:26

美女とランウェイに登場した小栗旬「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」

美女とランウェイに登場した小栗旬
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小栗旬主演の人気ドラマを映画化した「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」の完成披露試写会が1月7日、東京・文京区のTOKYO DOME CITY HALLで行われ、小栗をはじめ共演の柴咲コウ向井理山田孝之藤ヶ谷太輔水原希子濱田岳高嶋政宏、メガホンをとった松山博昭監督、音楽を手がけた「m-flo」の☆Taku Takahashiが舞台挨拶に出席した。

石井あゆみ氏のコミックを原作に、戦国時代にタイムスリップした歴史嫌いの高校生サブローが、自らとうり二つの織田信長に代わり天下統一を目指す姿を描く。この日の登壇陣は、現代的な要素をミックスした和装で登場し、「Tokyo Girls Collection」ならぬ「Tokyo senGoku Collection」(TGC)を開催。主人公を演じた小栗は、水着&甲冑に身を包んだ美女4人とともにランウェイを歩き、大きな歓声を浴びた。

小栗は「人生初ランウェイ」だったそうで、「緊張しました。思った以上にみんなちゃんとやっていて、やばいなと思いました」と苦笑い。美女たちと練り歩いた感想を聞かれると、デレデレの様子で「ありがたい、めでたいなあという感じでしたね」とはにかんだ。一方で、艶やかな着物姿で観客のため息を誘った柴咲は「あまりない体験でした」と振り返り、「みんなのパフォーマンスを見ているのも楽しかったです」と満足げだった。

さらに「もし自分が戦国時代にタイムスリップしたらどうする?」と質問が寄せられたが、出演陣は一様に現実的な回答。小栗は「3日間も生きられない。捕まっていろいろ聞かれて、言葉もあまり通じなくて、気が付いていたら首をはねられていると思います」と話し、柴咲も「何とか生きながらえたい。お茶をたくさんたてて喜んでいただいて、命を伸ばせたらなと思います」と明かす。向井にいたっては「現実的に、タイムスリップはしないと思います!」。山田も「雨風をしのぐために、まず家を建てます。あとは畑を耕し、何かを植え、収穫できる時期を待ちます」と独特の視点で客席を笑わせていた。

また壇上では、小栗が「ふぁみりー」との書き初めを披露。「作品が一昨年から始まり、家臣もみんなファミリーと言いながらやってきました。僕らも家族だし、この映画は家族皆さんで見て頂きたい映画です」と思いを込めた。「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」は、1月23日から全国で公開。

信長協奏曲 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 信長協奏曲 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,557 豪華キャストで描く、新感覚戦国エンターテインメントドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi