ジェイデン・スミスが哲学書を執筆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月7日 > ジェイデン・スミスが哲学書を執筆
メニュー

ジェイデン・スミスが哲学書を執筆

2016年1月7日 07:30

多才に活躍

多才に活躍
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウィル・スミスの17歳の息子ジェイデン・スミスが、哲学書の執筆していることがわかった。

米アス誌によれば、ジェイデンは自身を現代の預言者と自覚していて、エッセイを多数執筆しているとのこと。ひも理論やカオス理論を新たな視点で見つめたものだが、より神秘主義的な内容になっているという。

ジェイデンはこれまでにも、Twitterで格言めいたスピリチャルなメッセージを発信してきた。すでに俳優・ミュージシャン・ファッションデザイナーとして活躍しているが、今後は新たに“哲学者”の肩書きが加わりそうだ。

ジェイデンが出演する、バズ・ラーマン監督の音楽ドラマ「The Get Down(原題)」は犯罪が多発していた1970年代、ニューヨークの貧困地区サウス・ブロンクスを舞台に、ストリートにあふれるティーンエイジャーたちの目線でヒップホップ・ミュージックの誕生を描くもの。ジェイデンはグラフィティアーティスト、マーカス・“ディジー”・キプリング役を演じている。米ネットフリックスで今年放送予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi