高杉真宙「闇狩人」で舞台単独初主演!親友・横浜流星と共演しアクションに挑む : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月6日 > 高杉真宙「闇狩人」で舞台単独初主演!親友・横浜流星と共演しアクションに挑む
メニュー

高杉真宙「闇狩人」で舞台単独初主演!親友・横浜流星と共演しアクションに挑む

2016年1月6日 06:00

初めて本格共演する高杉真宙(右)と横浜流星

初めて本格共演する高杉真宙(右)と横浜流星
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の高杉真宙が、坂口いく氏の漫画を舞台化する「闇狩人」で単独初主演を飾ることがわかった。親友である横浜流星と初共演を果たし、現代アクションに挑む。

1988~90年に「月刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された「闇狩人」が、20年以上の時を経て初舞台化。普段はさえない予備校生だが、法では裁けぬ悪を成敗する“闇狩人”という裏の顔を持つ間武士(はざまたけし)が、巨悪に立ち向かう姿を描く。

「仮面ライダー鎧武」で脚光を浴び、2015年は舞台「TRUMP」での演技が高い評価を得た高杉が、ステンレス製の定規を武器に戦う主人公・武士を演じる。表と裏の顔を使い分ける二面性のある役どころだが、「『TRUMP』ではソフィとウルという二役をやらせて頂いたので、今回はその時に身に付いたものをしっかり生かして演じたいです」と気合十分。さらに「僕は現代アクションをそこまでしたことがないので、そこが一番不安なところ。 殺陣も多いのですが、負けないよう食いついていきたいと思います」と意気込んでいる。

「烈車戦隊トッキュウジャー」でブレイクし、舞台「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~」で人気を不動のものにした横浜は、特殊加工された“けん玉”を操る闇狩人・我竜京介役。「僕の武器である空手で培った力も存分に生かして、面白いものにしていきます」と語る。また、プライベートでも縁の深い2人だけに、「流星は本当に格好よくて殺陣が上手く、運動神経がよくて、僕がうらやましいなあと思うところがめちゃくちゃ多いんです! 一緒にいい作品を作れたらと思います」(高杉)、「なにより同い年で親友の高杉真宙との共演は念願なので、楽しみです」(横浜)とコメントを寄せている。

一方で、原作者の坂口氏は「20年以上経っての、まさかの舞台化です」と驚きを隠せない様子。そして、「スクウェア・エニックスの『月刊ビッグガンガン』にて、『新闇狩人』(原作・絵コンテを担当します)の連載も始まるところでして、このタイミングにも驚きです」と明かしている。

「闇狩人」は、舞台「里見八犬伝」の深作健太が演出、「iSAMU」の鈴木哲也が脚本を手がける。ほか鈴木勝大荒井敦史丸山敦史稲垣成弥森田彩華市瀬秀和中村誠治郎らが共演。5月13~22日に東京・天王洲銀河劇場、同28日に福岡・北九州芸術劇場大ホール、6月11、12日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社AWAKE

好きを仕事に出来るチャンスです!一緒に感動を作りましょう!

職種映画WEB宣伝パブリシスト

株式会社ツイン

映画をヒットさせる仕掛け人募集!

職種宣伝プロデューサー

株式会社新日本映画社/エスパース・サロウ

小粒でも記憶に残るイカした映画、丁寧に磨いてデビューさせましょう。

職種映画・宣伝業務全般
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi