売れっ子弁護士トリオ「ブリッジ・オブ・スパイ」の主人公に感銘! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月6日 > 売れっ子弁護士トリオ「ブリッジ・オブ・スパイ」の主人公に感銘!
メニュー

売れっ子弁護士トリオ「ブリッジ・オブ・スパイ」の主人公に感銘!

2016年1月6日 17:00

(左から)菊地幸夫弁護士、菊間千乃弁護士、 八代英輝弁護士「ブリッジ・オブ・スパイ」

(左から)菊地幸夫弁護士、菊間千乃弁護士、
八代英輝弁護士
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本、トム・ハンクス主演の「ブリッジ・オブ・スパイ」のトークショー付き試写会が1月5日、都内で開催され、情報番組などでも活躍する弁護士の菊地幸夫氏、菊間千乃氏、八代英輝氏が参加した。

アメリカとソ連(現ロシア)が冷戦中だった1950~60年代が舞台。保険専門のアメリカ人弁護士ジェームズ・ドノバン(ハンクス)が、アメリカに捕らえられたソ連のスパイ、ルドルフ・アベル(マーク・ライランス)と、ソ連に捕らえられたアメリカ軍パイロットの交換交渉に挑む。

3人はそれぞれ、ドノバンの信念を貫く姿に感銘を受けたそうで「自分はこういった気持ちを持ち続けていられたかなと考えさせられた。ドノバンは、思わずほれてしまうような男気のある人物」(八代氏)、「同じ時代にいたらこの人の下で働きたい」(菊間氏)、「弁護士は孤独なもの。ドノバンが孤軍奮闘する姿が心地よく、応援したくなる」(菊地氏)と弁護士の鑑とでもいうべき人物像を称えた。中でも八代氏は、新年の抱負を「ドノヴァる」と発表し、「ドノバンのように難しい案件にチャレンジしたか? 今年はあえてやってみようと思います」とすっかりほれ込んだ様子を見せた。

劇中では、敵国のスパイの弁護を引き受けたことにより、ドノバンは世間から激しいバッシングを受けると共に命の危険にさらされるが、八代氏は「そういうことをされると逆に燃える。映画からも不条理なものに対する憤りが伝わってきた」と自らと重ね合わせる。ほかの2人も同調し、「(映画のような案件は)弁護士冥利(みょうり)に尽きる」(菊間氏)、「(人から嫌がられる仕事でも)我々の業界が引き受けないといけない。そういう気概を持っている」(菊地氏)。“弁護士魂”を発揮した3人は、お気に入りのシーンに「(交換場所に選ばれたベルリンの)グリーニカー橋の上で依頼人に最後まで寄り添うところ」(菊間氏)を挙げ「あそこはぐっとくる」(八代氏)、「男の友情が素晴らしい」(菊地氏)と感慨深げに語った。

ブリッジ・オブ・スパイ」は、ライランスが第73回ゴールデングローブ賞の助演男優賞候補に選出された。1月8日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi