ショーン・ペンがほれ込んで「ザ・ガンマン」ヒロイン役に推薦した女優とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年1月2日 > ショーン・ペンがほれ込んで「ザ・ガンマン」ヒロイン役に推薦した女優とは?
メニュー

ショーン・ペンがほれ込んで「ザ・ガンマン」ヒロイン役に推薦した女優とは?

2016年1月2日 16:00

ショーン・ペンに抜てきされたジャスミン・トリンカ「ザ・ガンマン」

ショーン・ペンに抜てきされたジャスミン・トリンカ
(C)2015 PRONE GUNMAN AIE - NOSTROMO PICTURES SL -
PRONE GUNMAN LIMITED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー俳優ショーン・ペンが「96時間」(2008)のピエール・モレル監督とタッグを組み、初の本格アクションに挑んだ「ザ・ガンマン」。イタリア女優のジャスミン・トリンカがヒロイン・アニーを演じているが、このキャスティングはペンの推薦によるものだとわかった。

1981年生まれのトリンカは、近年ではファッションデザイナー、イブ・サンローランを描く「SAINT LAURENT サンローラン」(14)に出演。13年には、自殺ほう助ビジネスに手を染めた女性の運命を描く「ミエーレ」で高い評価を得た。同作は、是枝裕和監督の「そして父になる」(13)が審査員賞に輝いたことでも話題を集めた第66回カンヌ映画祭で、ある視点部門に選出されている。

ミエーレ」を鑑賞したというペンは、その演技力にほれ込み、アニー役の候補に推薦。「アンノウン」(11)や「フライト・ゲーム」(14)のほか、本作でペンと共に製作を務めるアンドリュー・ローナもまた「『ミエーレ』を見て息をのんだ。彼女は魅惑的で、他の誰よりも目で物語を語ることができる。古き時代の映画スターのような品格があるんだ」と絶賛し、オファーをするにいたったという。

熱烈なラブコールを受けて出演を決意したトリンカは、NGOのメンバーとしてコンゴ民主共和国で支援活動を行うタフな女性を演じ、「1番大事なのはやり切る意志だと思って(撮影に)臨んだわ」とアクションにも果敢に挑戦した。相手役のペンに関しては「ショーンがオーバーな演技をすることは絶対にないわ」と2度のオスカー受賞歴を誇る名優に最敬礼。「007 スカイフォール」(12)のハビエル・バルデムはじめベテランたちとの撮影を心から楽しんだと語った。

ザ・ガンマン」は、かつてコンゴ民主共和国で官僚暗殺作戦に参加した特殊部隊隊員が、数年後突如として何者かに命を狙われ、黒幕を突き止めようと奮闘するさまを描く。「パシフィック・リム」(13)のイドリス・エルバ、「ノア 約束の舟」(14)のレイ・ウィンストン、「ブリッジ・オブ・スパイ」(15)の公開が控えるマーク・ライランスらが脇を固める。2月6日から全国公開。

96時間[Blu-ray/ブルーレイ] 96時間[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 巨匠リュック・ベッソン製作・脚本によるスタイリッシュ・タイムリミットアクション!
007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 007/スカイフォール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 生誕50周年を飾り新たな幕開けを描いたシリーズ第23作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi