“ソー”と“リンカーン”の船内バトルぼっ発!「白鯨との闘い」本編映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月29日 > “ソー”と“リンカーン”の船内バトルぼっ発!「白鯨との闘い」本編映像公開
メニュー

“ソー”と“リンカーン”の船内バトルぼっ発!「白鯨との闘い」本編映像公開

2015年12月29日 12:00

オーウェンとポラード船長の人間模様も物語のキー「白鯨」

オーウェンとポラード船長の人間模様も物語のキー
(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マイティ・ソー」シリーズのクリス・ヘムズワースとオスカー監督ロン・ハワード(「ビューティフル・マインド」「アポロ13」)がタッグを組んだ「白鯨との闘い」の本編映像が公開された。主人公の1等航海士オーウェン(ヘムズワース)と、「リンカーン 秘密の書」(2012)のベンジャミン・ウォーカー扮する捕鯨船の船長ジョージ・ポラードの対決シーンを切り取っている。

ハーマン・メルビル氏の名著「白鯨」に隠された真実を描いた、ナサニエル・フィルブリック氏によるノンフィクション小説を実写化。捕鯨業全盛期の1819年。海上で体長30メートルもの巨大鯨に襲われた捕鯨船の乗組員たちの過酷な運命をダイナミックな映像と共に描く。

映像で描かれるのは、航海中にある事件が起こった直後のシーン。船長の強引な決断で船員が危険にさらされるが、オーウェンの機転で事なきを得る。その後、船長に呼び出されたオーウェンは「辞表は帰途中に受理する」と責任をなすり付けられ「船長が命令を」と反論。「あの決定に問題はない。不運だった」と突っぱねる船長にオーウェンは「“不運”ではなくご自身の未熟さです」と告げるが、その言葉が船長の逆鱗に触れ「無礼だぞ! 出て行け」と罵声(ばせい)を浴びせられてしまう。これまでにも、叩き上げの農夫と由緒正しき名家の跡取りという立場の違いから衝突していた両者だったが、亀裂が決定的なものになる。

マイティ・ソー」シリーズ、「リンカーン 秘密の書」でキレのあるアクションを見せた両者だが、ヘムズワースは能力があるのにもかかわらず出自の問題だけで船長への昇格を許されない苦労人、ウォーカーは鳴り物入りで船長を任され自尊心が膨れ上がった“お坊ちゃん”を体現。海上での人間ドラマに深みをもたらせている。

なお、ヘムズワースは「マイティ・ソー ダーク・ワールド」(13)の撮影により、周囲から約1カ月遅れで現場入り。ウォーカーから「君が遅れて撮影に参加したのは、映画の中でもすごく役立った。僕は船長でみんなから尊敬されているはずなのに、急に入ってきた1等航海士がすべてかっさらってしまうんだ」と冗談めかして“口撃”され、ヘムズワースは「正直気まずかったよ。まるで転校生にでもなったような気持ちだったんだ。まあ、すぐになじめたけどね」と反撃。役柄とは真逆の仲のよさを見せたという。

白鯨との闘い」は、ベン・ウィショーキリアン・マーフィブレンダン・グリーソントム・ホランドらが脇を固める。16年1月16日から全国公開。

マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,342 アベンジャーズ最強の男ソーとその弟にして宿敵ロキの壮絶な戦いを描いたアクション超大作!
リンカーン/秘密の書[Blu-ray/ブルーレイ] リンカーン/秘密の書[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 命ある限り、ぶった斬る―。ティム・バートン×『ウォンテッド』の監督が仕掛けた比類なきバトル・アクション!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi