「バンコクナイツ」、2カ月以上に渡る撮影&クラウドファンディングが終盤へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月28日 > 「バンコクナイツ」、2カ月以上に渡る撮影&クラウドファンディングが終盤へ
メニュー

「バンコクナイツ」、2カ月以上に渡る撮影&クラウドファンディングが終盤へ

2015年12月28日 07:30

左からRaynoa(TONDO TRIBE)、OG Sacred (TONDO TRIBE)、Young-G(stillichimiya)「バンコクナイツ」

左からRaynoa(TONDO TRIBE)、OG Sacred
(TONDO TRIBE)、Young-G(stillichimiya)
(C)空族
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 富田克也監督・脚本の最新作「バンコクナイツ」の撮影と、“怒りのデスロード”と名づけたクラウドファンディング(http://eiga.com/official/motion-gallery/)が大詰めを迎えている。

作品は、東南アジアに色濃く残るベトナム戦争の傷跡を背景に、タイのバンコクに実在する日本人専門の繁華街タニヤ通りを訪れる日本人たちと、タイ人女性たちが織り成す、失われた桃源郷(ユートピア)を探す物語を描くもの。テーマは、国内外で高い評価を得た「サウダーヂ」(11)の“土方・移民・ヒップホップ”より更に深化した“娼婦・楽園・植民地”。空族が構想期間10年をかけて、満を持して製作に挑んでいる。

10月20日にクランクインした撮影もいよいよ終盤戦に差し掛かった。タイでの撮影も大半を終え、ラオスでの撮影に移ったところで、出演者が続々と結集している写真が現場から届いた。「サウダーヂ」(11)で圧倒的な存在感で印象付けたラッパー、「stillichimiya」の田我流も続投が決定し、同じメンバーのBig Benもラオスのシーンに出演。すでに撮影隊として参加しているスタジオ石のMMMとMr.麿、録音のYoung-Gも含め「stillichimiya」のメンバー全員がラオスに集ったことになる。

加えて、東南アジア最大のスラムと言われるフィリピン・マニラのトンド地区で結成されたヒップホップクルー「TONDO TRIBE」のOG Sacred、Raynoaも、ラオスに駆けつけた。かつてYoung-GとBig Benがマニラに赴きワークショップを行ったことがあり、その様子は空族が制作したドキュメンタリー「Rap in TONDO」に納められている。そこから親交がうまれた「TONDO TRIBE」と「stillichimiya」がラオスで邂逅するシーンが撮影されたという。当初は年内でのクランクアップを予定していたが、年明けまで持ち越されることになった。

撮影と同期して行っている「MotionGallery」でのクラウドファンディングは、完成された映画をただ待つのではなく、映画を作る行為そのものに参加することで、観客と製作者を直結させ、“見たい!”という思いをそのまま映画の原動力にできればという空族からの提案。期限は変わらず12月29日までだが、25日までに880万円を超える支援金を集め、目標金額の1000万円まであと一歩となっている。2016年完成予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi