マーベルの映画シリーズとNetflixシリーズ、クロスオーバーの可能性は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月27日 > マーベルの映画シリーズとNetflixシリーズ、クロスオーバーの可能性は?
メニュー

マーベルの映画シリーズとNetflixシリーズ、クロスオーバーの可能性は?

2015年12月27日 12:00

「アベンジャーズ3」のアンソニー・ルッソ監督(右)が語る「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」

「アベンジャーズ3」のアンソニー・ルッソ監督(右)が語る
Photo by WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米マーベル・スタジオが2部作として2018年と翌19年に公開する「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(原題)」のメガホンをとるアンソニー・ルッソ監督が、同スタジオの映画シリーズとNetflixシリーズがクロスオーバーする可能性について語った。

結論から言えば、絶対にないとは断言できないが、望み薄そうだ。12月上旬にブラジル・サンパウロで開催された「コミコン・エクスペリエンス」で、ルッソ監督はブラジルのウェブサイト「SUPER Interessante」に「複雑なんだ」とコメントを発表。「ストーリーを分割して並べようとしたけど難しかった。コントロールしなきゃいけないことがたくさんあるし、歴史の流れにも注意しなきゃいけないから」と説明している。

さらに、「映画のほうは、ケビン・フェイグのチームが統率していたから、ひとまとまりのものとして機能していたんだ。その他の作品は、いくらマーベル原作だといっても、他の人たちが手がけている。だから、クロスオーバーさせようとしても、ずっとややこしくなるんだ」と実情を語った。

しかし、「フォックスやソニーが、マーベル(コミック)で最も人気のあるキャラクターたちの権利を持っていることを思い出してもらえば、それよりも小さいけど問題があることはわかると思う。ストーリーテラーとして、僕たちはマーベル映画の中での出来事だけを扱ってきたけど、可能性はいくらでもある。スパイダーマンが実現したんだから」と全面否定は避けた。マーベルは15年にソニー・ピクチャーズと提携したことで、スパイダーマンを自社作品に登場させられるようになった。

クロスオーバーの実現が困難とみられる背景には、同スタジオの代表で映画部門のほぼすべての権限を掌握しているフェイグと、テレビ部門などへの影響力をもつCEOアイク・プルムタッターとの対立があると、米ColliderやSlashfilmは指摘している。

マーベルの映画シリーズには、16年4月29日公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」以降、「ドクター・ストレンジ」「ブラック・パンサー」といった新キャラクターの単独作が加わる。アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟による「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」2部作では、悪役サノス対“全員”の戦いが描かれると言われている。

一方、動画配信サービスNetflixでは、大好評の「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」、来年公開予定の「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」の主人公が集結する「ディフェンダーズ」が17年に公開される予定だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi