広末涼子、乳がん患う母を演じた「はなちゃんのみそ汁」は「笑って泣けるあたたかい映画に」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月18日 > 広末涼子、乳がん患う母を演じた「はなちゃんのみそ汁」は「笑って泣けるあたたかい映画に」
メニュー

広末涼子、乳がん患う母を演じた「はなちゃんのみそ汁」は「笑って泣けるあたたかい映画に」

2015年12月18日 12:00

乳がんを患う母親役を演じた広末涼子「はなちゃんのみそ汁」

乳がんを患う母親役を演じた広末涼子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]20代から乳がんを患いながらも、出産、子育てを経験し、家族との日々をつづった安武千恵さんのエッセイを映画化した「はなちゃんのみそ汁」が公開する。闘病中に食生活を見直し、一人娘に愛情と共にレシピを伝えた千恵さんを演じるのは、キャリアを重ねるごとに、役柄の幅を広げている女優、広末涼子。病気と死を描く題材ゆえに、観客は鑑賞前に身構えてしまいがちだろうが、広末は「笑って泣けるあたたかい映画に」との思いで作品に臨み、残された時間の中で、さまざまな喜びを見出しながら前向きに生きた千恵さんの姿を体現した。(取材・文/編集部、写真・余澄)

ペコロスの母に会いに行く」の脚本を手がけた阿久根知昭の初監督作で、夫の信吾さん役を滝藤賢一、娘のはなちゃんを、新人子役の赤松えみなちゃんが演じる。千恵さんのブログをまとめた原作から、これまで絵本やレシピ本が作られ、ドラマも製作されている。

「多くの方が結末を知っているので、特に女性の方にとっては、ご覧になるに当たって気が重くなったり、身構えてしまう部分があるのではないかと思いました。だから、ただ泣ける感動作ではなく、笑って泣けるあたたかい映画にしたかったんです」

穏やかな表情で、本作への思いを語る広末。「桜、ふたたびの加奈子」「想いのこし」と近年の映画作品で涙を誘う母親役が続いている。今作も感動作であるが、家族との時間をいとおしむような千恵さんを演じる広末の笑顔が印象深い。

「撮影中は(涙を)ずっと我慢していました(笑)。母親の強さとは優しさと笑顔。絶対に泣かないぞと思って現場に入りました。自分の守るべきものがあると考えると、泣いている場合じゃないと。少しでも気を抜いてしまうと、暗く見えてしまう役だと思うので、極力ポジティブな意識を持つようにしました。実際に千恵さんも笑顔はもちろん、生活の中に笑いを取り入れていらっしゃったので、そこをクローズアップすることがこの映画の大事な要素だと意識しました」


画像2

(C)2015「はなちゃんのみそ汁」
フィルムパートナーズ
[拡大画像]

千恵さんという実在の人物を演じることは「プレッシャーがないといったらうそになるくらい、気がかりでした。原作がヒットしていることよりも、実際のご家族がどう思われるかとういうこと、何より信吾さんとはなちゃんにとって一番大切なママを演じるということにすごく責任を感じました」と撮影前の心境を吐露する。

そして、「実際お二人に会った時に、今回のキャスティングを喜んでくださいました。それが自分の背中を押してくれたし、千恵さんの事を取材して本人に近づけるというよりも、映画の中で千恵さんがキラキラしていたら喜んでもらえるのではと考えたんです。感情が自然にわきあがって来て、力まずに自然体でお芝居ができました。不思議と千恵さんと同化できて、空から見守っていてくれたのではと思うくらい、運命的なものを感じました」と役作りを振り返る。

今作に出演し、広末自身の考え方にも変化があったと明かす。「それまでは、仕事が忙しいともっと家のことがしたいなと考えたり、反対に、家のことがなければ、もっとクリエイティブな勉強ができるのに……と思ったり、もっともっとできることがあるのではないかと欲張っていたんです。今回の撮影は、とてもハードで、三線のレッスンや方言指導もあったので、1日24時間では足りませんでした。でもそれが今、すべてに完璧を求めるよりも、きちんと優先順位を決めて、精一杯出し切ろうと考えるようになりました。この現場を経験して、今あるものを大切に、感謝と謙虚な気持ちで向き合っていかなくてはと感じるようになったんです」と充実感をにじませた。

はなちゃんのみそ汁」は12月19日から東京・テアトル新宿と福岡で先行公開、2016年1月9日から全国で公開。

桜、ふたたびの加奈子 ブルーレイ低価格版[Blu-ray/ブルーレイ] 桜、ふたたびの加奈子 ブルーレイ低価格版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,948 広末涼子と稲垣吾郎が娘を亡くした夫婦を演じ、さまざまな人とめぐり合いながら再生していく姿を描いたヒューマンドラマ。
想いのこし[DVD] 想いのこし[DVD] 最安価格: ¥3,791 岡本貴也の小説「彼女との上手な別れ方」を原作に、女と金にしか興味のない男が、この世に未練を残して死んでしまった4人の男女の思いを届けるうちに、本当に大切なものは何かに気付いていく姿を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi