J・J・エイブラムスが明かす「スター・ウォーズ」を監督するということ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月14日 > J・J・エイブラムスが明かす「スター・ウォーズ」を監督するということ
メニュー

J・J・エイブラムスが明かす「スター・ウォーズ」を監督するということ

2015年12月14日 12:00

インタビューに応じたJ・J・エイブラムス「スター・ウォーズ」

インタビューに応じたJ・J・エイブラムス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10年ぶりに製作されたシリーズ最新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が、12月18日から世界同時公開される。ハリウッドきってのヒットメイカーとして知られ、今作のメガホンをとったJ・J・エイブラムス監督が映画.comのインタビューに応じた。

父親がテレビプロデューサーだった影響で、幼い頃から映画製作に興味を抱いていたエイブラムス監督が「スター・ウォーズ」と出合ったのは、11歳の誕生日を1カ月後に控えたある日だったという。「まだ人間として人格が形成されていないけれど、形成されつつある状況にあるなかで、この作品に出合うことが出来て素晴らしいギフトを与えられた気がしたんです。この作品からは、何でも可能なんだと教えてもらったんですよ」。

同シリーズの大ファンだっただけに、当初は監督オファーを固辞。プロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディとのやり取りを振り返り、「電話でキャスリーンと話をした時は、断る理由がいっぱいあったんだ。だけど実際に会って話をしたら、あまりにも『おいしい』というか非常に魅力的で、そのミーティングが終わった時には『何とかしてこのプロジェクトの一部になりたい』という気持ちにさせられていたんです」と朗らかに笑う。

スター・トレック」(2007)を監督として大ヒットに導いたことはもちろん、プロデューサーとしても八面六臂の活躍を続けるエイブラムス監督。「スター・ウォーズ」シリーズの最新作という重大なプロジェクトに果敢に挑んだわけだが、本国アメリカはもとより全世界が公開日を心待ちにしている。脚本も兼ね、撮影を進めていくなかで強く意識したことを、穏やかな表情で語り出した。

「私は過去に戻らないと前進は出来ないと思っているんです。シリーズが“4”から始まりますが、争い事やいさかい、裏切りや犠牲は全て終わっていて、実際にはあまり説明がありませんよね。帝国というものが何なのか、父親とか兄弟とかにも深く入り込んでいません。今回のエピソード7が30年後を舞台にしているということでつながってはいるけれど、旧3部作が持っていた使い古した汚れみたいなものが『スター・ウォーズ』らしいと思っているんだ。だから真新しいものではない世界を作りたかったし、権力を持った人間のストーリーではなく、どちらかというと負け犬というか何にもない人たちが冒険に出て自身を見つけていく事を描きたかった。歴史は繰り返すということもあるし、同時に希望を持てるストーリーだと思いますよ」。

そしてまた、これまでのシリーズを支えてきたギルバート・テイラー(撮影)、ジョン・バリー(美術)、ジョン・ダイクストラ(特撮)ら先人たちにも思いを馳せる。「今回のアプローチはマネやコピーではないことが大前提だけど、これまでのシリーズに関わったアーティストたちを祝福する、セレブレーションだと思っているんだ。ジョージ・ルーカス監修のもとではあるけれど、現代のものと感じられるのと同時に、私たちが慣れ親しんだ世界観に戻っているような感覚にもなる。両方あってバランスを取ることこそが重要だと思っているんだ」。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi