スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月10日 > スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給
メニュー

スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給

2015年12月10日 17:35

「レッド・タートル」ビジュアル

「レッド・タートル」ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 配給大手の東宝が12月10日、東京・有楽町の同社で2016年度のラインナップ発表会を行い、スタジオジブリが初めて海外の作家をプロデュースする「レッド・タートル THE RED TURTLE」を配給することがわかった。

「レッド・タートル」は、オランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督の最新作だ。第73回アカデミー賞では、「岸辺のふたり」が短編アニメ賞を受賞。同作は、英国アカデミー賞短編アニメーション賞に輝いており、その実績が買われスタジオジブリの鈴木敏夫氏がオファーを出した。

ビット監督は、スタジオジブリがある東京・小金井に一時転居し、シナリオと絵コンテを完成させた。今作のアーティスティック・プロデューサーを務める高畑勲監督らのチェックを受けたのち、現在はフランスで本格的な製作に入っているという。製作は、スタジオジブリとワイルドバンチ。

レッド・タートル THE RED TURTLE」は、2016年9月に全国で公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ハドソン川の奇跡の評論 ハドソン川の奇跡 機長は英雄か、犯罪者か? 老成してなお鋭さを増すイーストウッドの演出力
  • 高慢と偏見とゾンビの評論 高慢と偏見とゾンビ J・オースティン×ゾンビの最新マッシュアップに、フェミニズム活劇の新フレイバー
  • ある天文学者の恋文の評論 ある天文学者の恋文 名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi