スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月10日 > スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給
メニュー

スタジオジブリ、海外の作家を初プロデュース!「レッド・タートル」は東宝配給

2015年12月10日 17:35

「レッド・タートル」ビジュアル

「レッド・タートル」ビジュアル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 配給大手の東宝が12月10日、東京・有楽町の同社で2016年度のラインナップ発表会を行い、スタジオジブリが初めて海外の作家をプロデュースする「レッド・タートル THE RED TURTLE」を配給することがわかった。

「レッド・タートル」は、オランダ出身のマイケル・デュドク・ドゥ・ビット監督の最新作だ。第73回アカデミー賞では、「岸辺のふたり」が短編アニメ賞を受賞。同作は、英国アカデミー賞短編アニメーション賞に輝いており、その実績が買われスタジオジブリの鈴木敏夫氏がオファーを出した。

ビット監督は、スタジオジブリがある東京・小金井に一時転居し、シナリオと絵コンテを完成させた。今作のアーティスティック・プロデューサーを務める高畑勲監督らのチェックを受けたのち、現在はフランスで本格的な製作に入っているという。製作は、スタジオジブリとワイルドバンチ。

「レッド・タートル THE RED TURTLE」は、2016年9月に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 沈黙 サイレンスの評論 沈黙 サイレンス 究極の試練を突きつけられ“なにが正しいのか”を見失った人間たちのドラマ
  • ザ・コンサルタントの評論 ザ・コンサルタント ベンアフの新たな当たり役!“2つの顔を持つ男・最新アップデート版”登場
  • スノーデンの評論 スノーデン 世界中を驚かせた“告発者”の残酷なる心の旅と、まっすぐな信念を描く
映画評論の一覧を見る
Jobnavi