朝井リョウの直木賞受賞作「何者」が映画化!監督は三浦大輔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月10日 > 朝井リョウの直木賞受賞作「何者」が映画化!監督は三浦大輔
メニュー

朝井リョウの直木賞受賞作「何者」が映画化!監督は三浦大輔

2015年12月10日 17:29

「何者」ビジュアル

「何者」ビジュアル
(C)映画「何者」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第148回直木賞を受賞した朝井リョウ氏の「何者」が、三浦大輔監督(「愛の渦」)のメガホンにより映画化されることになった。配給大手の東宝が12月10日、東京・有楽町の同社で行われた2016年度のラインナップ発表会で明らかにした。

何者」(新潮社刊)は、小説すばる新人賞に輝いた「桐島、部活やめるってよ」で文壇デビューを果たした朝井氏が、2012年に発表した意欲作。御山大学に通う大学生5人が、就職活動対策として集まるようになるが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識が、次第に関係性を変えていく。

同作は、主人公の二宮拓人を軸に、神谷光太郎、田名部瑞月、小早川里香、宮本隆良の5人のやりとりを中心に展開されていく。脚本は、三浦監督が執筆。この日はキャストの名は明らかにされなかったが、後日発表を予定している。

何者」は、2016年秋に全国で公開。

(映画.com速報)
桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 桐島、部活やめるってよ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,628 早稲田大学在学中に小説家デビューし、第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウの同名小説を、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八監督が映画化した青春群像劇。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi