「暗殺教室」第2期、16年1月7日放送開始 「殺せんせーSHOP」「リアル脱出ゲーム」も開催決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月6日 > 「暗殺教室」第2期、16年1月7日放送開始 「殺せんせーSHOP」「リアル脱出ゲーム」も開催決定
メニュー

「暗殺教室」第2期、16年1月7日放送開始 「殺せんせーSHOP」「リアル脱出ゲーム」も開催決定

2015年12月6日 09:00

フジテレビ球体展望室で開催される 「暗殺教室 殺せんせーSHOP リターンズ!」

フジテレビ球体展望室で開催される
「暗殺教室 殺せんせーSHOP リターンズ!」
(C)松井優征/集英社・アニメ「暗殺教室」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビアニメ「暗殺教室」の第2期シリーズが、2016年1月7日からフジテレビ、関西テレビで放送を開始することが決定した。

同作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の松井優征氏による人気コミックのアニメ化。月の7割を破壊した謎の生物・殺せんせーと、彼を担任教師として迎えながら、殺せんせー暗殺のため奮闘する3年E組の生徒たちの日常を描く。第2期では新学期を迎え、物語が新たな局面に突入する。

放送開始に先立ち、12月12日からはフジテレビ25階球体展望室「はちたま」で、「TVアニメ 暗殺教室 殺せんせーSHOP リターンズ!」が開店する。14年に好評を博した「暗殺教室 殺せんせーSHOP」と同様、特別グッズを販売するほか、殺せんせーによる占いが聞ける「殺せんせー神社」を設置、同作の特別パネルも多数展示される。入店には、はちたまの入場料として一般550円、小中学生300円が必要となる。

参加型イベント「リアル脱出ゲーム」とコラボレーションした「『暗殺教室からの脱出2』~普久間殿上ホテルから生きて脱出せよ~」の開催も決定。参加者は、南の島暗殺旅行に来た3年E組の生徒として、普久間殿上ホテルで待つ敵を倒し、突如ウイルスに侵されてしまった仲間たちを救うべく謎解きをすることになる。2月10日からの東京公演を皮切りに、札幌、青森、秋田、岩手、仙台、横浜、新潟、富山、静岡、名古屋、三重、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡の全国18都市で公演。チケットは12月5日から少年探偵SCRAP団員先行発売、12日からローソンチケット先行発売、19日から一般発売がスタートする。なお、チケットの早期購入者にはオリジナルグッズがプレゼントされる。

また、15年に開催された前作「暗殺教室からの脱出」の再演も決定。札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡の5都市で公演予定となっており、チケットは12月5日から少年探偵SCRAP団員先行発売、12月19日から一般発売が開始される。

「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 1[Blu-ray/ブルーレイ] 「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,132 ある日突然、月が爆発して七割方蒸発した。その犯人と称し、来年三月には地球をも爆破するという超生物がやってきた。何故か中学校の教室。なんとここで教師をするという。人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳はやむをえず、椚ヶ丘中学校三年E組の生徒に委ねる事に。成功報酬は百億円!落ちこぼれクラス、エンドのE組の生徒たちは、卒業までにこの暗殺対象の教師を殺せるのか…。
「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 7[Blu-ray/ブルーレイ] 「暗殺教室」Blu-ray初回生産限定版 7[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,680 ある日突然、月が爆発して七割方蒸発した。その犯人と称し、来年三月には地球をも爆破するという超生物がやってきた。何故か中学校の教室。なんとここで教師をするという。人知を超えた能力を持ち、軍隊でも殺せないその怪物の暗殺を、各国首脳はやむをえず、椚ヶ丘中学校三年E組の生徒に委ねる事に。成功報酬は百億円!落ちこぼれクラス、エンドのE組の生徒たちは、卒業までにこの暗殺対象の教師を殺せるのか…。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi