天才デザイナーの人生描くもうひとつの映画「サンローラン」ベルトラン・ボネロ監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月3日 > 天才デザイナーの人生描くもうひとつの映画「サンローラン」ベルトラン・ボネロ監督に聞く
メニュー

天才デザイナーの人生描くもうひとつの映画「サンローラン」ベルトラン・ボネロ監督に聞く

2015年12月3日 17:00

ベルトラン・ボネロ監督「SAINT LAURENT サンローラン」

ベルトラン・ボネロ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランスの世界的デザイナー、イブ・サン=ローランの1967年からの10年を描いた映画「SAINT LAURENT サンローラン」が、12月4日に公開される。昨年日本公開された「イヴ・サンローラン」とは、また違った角度で世界的デザイナーの栄光とその苦悩をスクリーンに焼き付けた、ベルトラン・ボネロ監督が作品を語った。

サンローランが「モンドリアン・ルック」や「スモーキング」で世界的注目を集めた直後の10年間にスポットを当てる。大ブレイクを果たしたサンローランは、徹底的に美を追及する一方で、プレッシャーに苦しんでいた。ブランドのミューズであるベルやモデルのベティ、愛人ジャックとの刹那的な快楽でも心は満たされず、やがてデザイン画を描くことができなくなってしまう。

実在の人物の人生を映画化するにあたり、入念なリサーチを行った。一番驚いたのが、ブランドとしての価値が高まっていく背景だった。「町工場の手仕事的な仕事だったものが、巨大な経営の機関になる。経済的にどのように上昇していくか、というものの規模がとても大きいので、なんとなく知ってはいたが改めて調べてみて、一つの会社が大きくなっていく規模にとても驚きました」

アーティストゆえの繊細さから神経衰弱に陥ってしまう「モードの帝王」を演じたのは、ギャスパー・ウリエル。「彼を選んでから撮影まで1年あり、その間に様々な話をしたので、撮影開始時はすでにサンローランになっていて指導の必要はありませんでした。指導というよりも、彼に付き添った、という言い方ですね。ギャスパー・ウリエル自身が既に1年間でイブと生き、他作品にはこの間出演していなかったので、もうすでにイブに慣れ、彼に指導したとことは一切ありません」

同性愛者だったサンローランを公私共に支えた、ピエール・ベルジェを演じる、ジェレミー・レニエとヌードで戯れるシーンが衝撃的だ。「ギャスパーとジェレミーは実人生でも仲のいい友人で、おたがいふざけあうことにもとっても慣れている。ですので、あの2人のシーンはユーモラスな雰囲気になっていますし、そういった関係性の良さ、というのもあのシーンに入れたいポイントだったので、とても良かった。撮影は実にシンプル、2テイクしか撮っていないです」


画像2

(C)2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP - ORANGE STUDIO
- ARTE FRANCE CINEMA - SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL
[拡大画像]

華やかなショーのシーンも本作の見どころのひとつ。撮影をこう振り返る。「撮影は短く、1日で撮りました。その時代のショーの見せ方をすることにこだわりました。しかし難しかったのは、準備段階の衣装作成です。当時のSAINT LAURENTの衣装だと信じられるようなものにしなければならない。そして、テレビでショーを見せるようなやり方をしてはいけないと思った。服装が大切なのではなく、映画でのショーの見せ方にとても重視しこだわりました。そのような理由で、途中にフラッシュバックを入れたりスクリプトスクリーンを入れたりしました。それらがひとつの絵となってそこに存在する、そういうことを意識して作り上げました」

カトリーヌ・ドヌーブレア・セドゥーら生前のサンローランと交流があった人たちの反応が気になったという。「彼女たちがみてくれてとても感動してくれました。それが私のパーソナルな映画になっているのと同時に、事実に対して正しい映画になっているとはっきり言ってくれ、誉めてくれました」

SAINT LAURENT サンローラン」は12月4日からTOHOシネマズシャンテほかで公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi