“歴男”谷原章介、歴史上の敗者に学び「芸能界を生き抜いていきたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年12月2日 > “歴男”谷原章介、歴史上の敗者に学び「芸能界を生き抜いていきたい」
メニュー

“歴男”谷原章介、歴史上の敗者に学び「芸能界を生き抜いていきたい」

2015年12月2日 18:00

“歴男”第1号となった谷原章介

“歴男”第1号となった谷原章介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の谷原章介が12月2日、都内で行われた、ナビゲーターを務める日本・世界の歴史を専門に放送するヒストリーチャンネル開局15周年記念特番「義将列伝 関ケ原“義”に生きた武将たち」のトークイベントに出席した。

歴史好きで知られる谷原は、“歴女”ならぬ“歴男”の称号を与えられ「聞きなれないですが、歴男を増やしていければ」とニッコリ。同番組を「勝者の側だけではなく敗者の側、“利”ではなく“義”を描いている」とアピールし、「敗者から学ばせて頂いて、この芸能界を生き抜いていきたいと思います!」と力強く宣言した。

同番組でフィーチャーされる石田三成、大谷吉継、真田幸村、直江兼続、立花宗茂の5人の武将のなかでのお気に入りは「石田三成」だという。その理由を「冷たく情がないイメージが多いが、この人の旗印『大一大万大吉』は、ひとりがみんなの為にみんながひとりの為にやれば、平和な世が訪れるという意味」と説明した。

さらに、俳優として歴史上の人物を演じることについては「読んでいた本、遊んでいたゲームの登場人物を演じることができるのはこれ以上ないぜい沢」と言い、今後演じてみたい武将に三成の家臣・島清興(島左近)をあげた。「義に生きた男。三成が4万石しか持っていないなかの2万石を与えられて召し抱えた。それまで5万石を提示されても乗らなかった島左近が、三成の気持ちに動かされたのでしょう」と歴史のロマンに思いを馳せていた。

また谷原は、今年1年を振り返り「一言で表すと、東奔西走です」と満足げ。「今年は最高だった。新しく子どもも生まれましたし、とても充実した1年で、これ以上ないんじゃないかと。来年が怖いです」と満面の笑みで語っていた。

「義将列伝 関ケ原“義”に生きた武将たち」は、2016年1月9日午後8時からヒストリーチャンネルで放送。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi