スピルバーグ、ゼメキス、ハワードが「SW」プリクエルの監督を固辞していた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月29日 > スピルバーグ、ゼメキス、ハワードが「SW」プリクエルの監督を固辞していた
メニュー

スピルバーグ、ゼメキス、ハワードが「SW」プリクエルの監督を固辞していた

2015年11月29日 12:00

(左から)スティーブン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス、ロン・ハワード「スター・ウォーズ」

(左から)スティーブン・スピルバーグ、ロバート・ゼメキス、ロン・ハワード
Photo by JB Lacroix/WireImage/Getty Images、
Photo by Amanda Edwards/Getty Images、
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スティーブン・スピルバーグ監督、ロバート・ゼメキス監督、ロン・ハワード監督といった名だたる人気監督が、「スター・ウォーズ」のプリクエルの監督を辞退していたことが明らかになった。

スター・ウォーズ」のプリクエルは、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」(1999)から連なる3部作で、いずれもジョージ・ルーカスがメガホンをとっている。しかし、「アポロ13」や「ダ・ヴィンチ・コード」で知られるハワード監督は、米ポッドキャストHappy Sad Confusedにゲストとして登場した際、ルーカスから監督をオファーされていたと告白。「ジョージは自分で監督をしたいとは思っていなかったんだ」と当時を振り返る。

「すでにゼメキスとスピルバーグにアプローチしたと教えてくれた。つまり、僕は3番目に声をかけられたわけだ。でも、返答はみんな同じだった。『ジョージ、君がやるべきだ!』とね」。同作を断った理由については「当時、『スター・ウォーズ』の続きをやりたいと思った監督はいなかった。光栄なことだけれど、あまりに気が重すぎるからね」と説明する。

ハワード監督は、ルーカスが脚本・製作総指揮を務めた「ウィロー」(88)でメガホンをとった経験がある。なお、最新作はクリス・ヘムズワース主演の海洋アドベンチャー「白鯨との戦い」で、16年1月16日に日本で公開される。

ダ・ヴィンチ・コード/天使と悪魔[Blu-ray/ブルーレイ] ダ・ヴィンチ・コード/天使と悪魔[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,767 キリスト教のタブーを題材にしたダン・ブラウンの世界的大ヒット・ミステリーサスペンス小説を、ロン・ハワード監督が映画化した作品「ダ・ヴィンチ・コード」と同シリーズ「天使と悪魔」の2作品を収録。
ウィロー[Blu-ray/ブルーレイ] ウィロー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 暗黒に支配された中世のとある国を舞台に、世界を救うと言われる人間の赤ん坊を拾った小人族の青年が仲間たちとともに、邪悪な魔女を滅ぼす旅に出かける。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi