黒川芽以、人気舞台を映画化「愛を語れば変態ですか」は「セリフの面白さに注目して」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月28日 > 黒川芽以、人気舞台を映画化「愛を語れば変態ですか」は「セリフの面白さに注目して」
メニュー

黒川芽以、人気舞台を映画化「愛を語れば変態ですか」は「セリフの面白さに注目して」

2015年11月28日 15:30

舞台「キング・オブ・心中」を映画化「愛を語れば変態ですか」

舞台「キング・オブ・心中」を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]黒川芽以主演の異色恋愛コメディ映画「愛を語れば変態ですか」が11月28日、全国9スクリーンで封切られ、黒川をはじめ共演の野間口徹今野浩喜栩原楽人、チャンカワイ、永島敏行、メガホンをとった福原充則監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に出席した。

劇団「ピチチ5」を主宰する福原監督が、自身の体験をもとに手がけた舞台「キング・オブ・心中」を映画化。世界中の男性を幸せにするべく立ち上がった“愛の救世主”あさこ(黒川)が巻き起こす騒動を、テンポの良い会話劇と予測不能な展開で描き出す。

タイトルが「愛を語れば変態ですか」に変更されたのは、関係者向けの試写が終わってからだったそうで、黒川は「台本も『キング・オブ・心中』で頂いて、撮影もそのタイトルでやっていました」と振り返る。一方で、福原監督の手腕に「『愛を語れば変態ですか』というのは劇中のあさこのセリフ。福原さんの言葉のチョイスが本当に素晴らしい。タイトルになりそうな名言がたくさん出てくるんです」と最敬礼で、「ひとつひとつのセリフの面白さに注目して頂けたらと思っています。福原さんは天才です」とアピールしていた。

舞台演出家として活躍し、念願の映画監督デビューを果たした福原監督は、「子どものころから、映画を撮るのが夢だった。ウルトラマンや仮面ライダーになりたいと思うように、映画監督に変身できて楽しい時間でした」と感無量の面持ち。そして「演劇関係の方や、テレビドラマをやっていただいた方と良い作品を作れたから、ここまで来られた。そういったすべての人たちにお礼を言いたい」と謝辞を述べ、「映画に興味を持つきっかけになったジャッキー・チェンブルース・リースティーブ・マーティンジョン・ベルーシにも感謝したいです」と目を細めていた。

また、どんな男性も拒まない主人公・あさこへの印象を聞かれ、男性陣は渋い顔。「嫌いです!」(野間口)、「興味は持ちますけど、理解はできないですね」(今野)、「自分が寂しいときはいいんですけどね」(栩原)、「撮影現場でも嫉妬しました」(チャン)、「女の人はきっと、魔物。男たちが誘蛾灯(ゆうがとう)のように集まって、殺される」(永島)と語ると、黒川は「もう振られちゃった!」と苦笑を浮かべていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi