キネカ大森で“マッドマックスV8”上映! MADでカオスな熱狂続く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月26日 > キネカ大森で“マッドマックスV8”上映! MADでカオスな熱狂続く
メニュー

キネカ大森で“マッドマックスV8”上映! MADでカオスな熱狂続く

2015年11月26日 21:00

What a lovely day !「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

What a lovely day !
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ヴァルハラ行き特別枠<V8上映>が11月22日、東京・品川のキネカ大森で開催された。約1000人の応募から抽選で300人が選ばれ、2回上映が完売、観客の多くは劇中に登場する各キャラクターのコスプレをして来場し、大盛況となった。

この特別上映は、同館独自のイベント。演出つきの前説、上映中のクラッカー、紙ふぶき、ノイズメーカー&打楽器、掛け声、ツッコミ、スタンディンV8コール(合唱)が許可され、飲酒も推奨し、レアな公式グッズのプレゼント大会など、熱狂的なファンが作品と同化して楽しめる上映会で、西村映造による特殊メイクブース(ドクロマークの焼印など)も実施(有料)された。シャーリーズ・セロンが演じたフュリオサや、ジョー配下の全身白塗りの男ニュークスなど、コスプレイヤーたちのクオリティは高く、場内は異様な光景と熱気に包まれた。

トム・ハーディ演じる主人公マックスになりきった劇場担当者が楽しみ方を解説し、メインイベントとして、恐怖と暴力で民衆を支配する独裁者イモータン・ジョーがウォーボーイズら軍団を率いて降臨すると、観客のテンションはマックスに達した。男女比は4:6と女性が多く、観客の中には50回目の鑑賞という猛者もいたほどだ。


英雄の館へ「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

英雄の館へ
[拡大画像]

上映が始まると、主人公たちの登場に合わせて観客は思い思いに掛け声をあげ、爆音とともにハイスピードで疾走する二輪、四輪入り乱れるカーバトル・シーンでは紙ふぶきが舞い、クラッカーやノイズメーカー、打楽器を鳴らし、爆走しながら繰り広げられる銃弾と肉弾のバイオレンスを観客全体がひとつになって楽しんだ。ちなみに上映後、散乱したゴミを劇場スタッフと有志の観客が一緒になって掃除した。

同作は、劇中のセリフにちなみ8回見ることを“V8”と呼ぶ熱狂的なリピーターを生んでおり、立川シネマシティの「極上爆音」や塚口サンサン劇場のScreaming“MAD”上映、池袋・新文芸坐の「絶叫上映」なども“お祭り”状態となって、そのMADでカオスな熱狂は、6月22日の公開から5カ月が過ぎた今も続いている。

今回キネカ大森は、他劇場に負けじと2カ月かけて仕込みを行ったという。今年は作品に合わせて各所でイベント化した上映が開催され好評を博しており、作品によっては椅子に黙って座って映画を鑑賞する時代は終焉を迎え、4DXやMX4Dなどのアトラクション化か、今回のようなお祭りOKのイベント化された上映形態が増えていくものと思われる。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,154 自由と生き残りを賭けた“MAD”な戦いを描くバイオレンス・アクション大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi