中村玉緒、原節子さんに思い馳せる「あこがれというよりも上の上の天の人」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月26日 > 中村玉緒、原節子さんに思い馳せる「あこがれというよりも上の上の天の人」
メニュー

中村玉緒、原節子さんに思い馳せる「あこがれというよりも上の上の天の人」

2015年11月26日 12:42

原節子さんへの思いを語った中村玉緒「黄金のアデーレ 名画の帰還」

原節子さんへの思いを語った中村玉緒
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優ヘレン・ミレンが主演した映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」の公開記念イベントが11月26日、東京・渋谷のシネマライズで行われ、女優の中村玉緒とお笑い芸人のヒロシが出席した。中村は、9月5日に死去していたことがわかった原節子さんへの思いを明かした。

中村が大映で活躍していた1950~60年代は、専属監督・俳優の引き抜きを禁ずる5社協定が存在し、さらに原さんが「忠臣蔵 花の巻・雪の巻(1962)」を最後に女優を引退したため、一度も会ったことがないという。中村は「女優としてではなく人間として、一度だけでも一言だけでも、1分でもいいからお会いしたかった」と語り、「(自身にとって)あこがれというよりも、上の上の天の人。ああいう女優さんになれたらな、というのも恐れ多いこと。神様のような女優さんです」と思いを馳せた。

グスタフ・クリムトによる世界的名画「黄金のアデーレ」をめぐって実際に起こった裁判をもとに描いた本作。今年で70歳を迎えた主演のミレンに対し、中村は「女優として素晴らしい」と最敬礼で、「私は76歳になるんですが、私も勇気を出して最後まで女優さんとしてお芝居したい」と生涯現役を宣言。そして、「芸能界が好きですから、女優さんじゃなくてもいろんなバラエティに出たい」と決意を新たにした。

またイベントでは、古今東西の名画を模写する親子3人組のアートユニット「アーブル美術館」による黄金のアデーレがお披露目。制作にあたった小学校6年生の藤原天馬くんの画力に感心しきりのふたりだったが、「私は絵が全然ダメですからね。山だけしか描けません」(中村)、「その日暮らしなので、絵を見るゆとりなんかないです!」(ヒロシ)とぼやき節で笑いを誘っていた。

黄金のアデーレ 名画の帰還」は、11月27日からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。なお、アーブル美術館による黄金のアデーレは、11月27日~12月18日に同所で展示される。

忠臣蔵 花の巻・雪の巻[DVD] 忠臣蔵 花の巻・雪の巻[DVD] 最安価格: ¥1,854 浅野内匠頭の殿中刃傷事件から吉良邸討入りまでの二年間、大石内蔵助を中心に四十七士を巡る人間群像を描いた超大作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi