土屋太鳳、主演映画「orange」リハ中にまさかの負傷暴露されるも泰然「皆が仲良くなれたら全然平気」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月23日 > 土屋太鳳、主演映画「orange」リハ中にまさかの負傷暴露されるも泰然「皆が仲良くなれたら全然平気」
メニュー

土屋太鳳、主演映画「orange」リハ中にまさかの負傷暴露されるも泰然「皆が仲良くなれたら全然平気」

2015年11月23日 20:50

舞台挨拶に立った土屋太鳳、山崎賢人、山崎紘菜ら「orange オレンジ」

舞台挨拶に立った土屋太鳳、山崎賢人、山崎紘菜ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・土屋太鳳が主演する映画「orange オレンジ」の完成披露試写会が11月23日、都内のホールで行われた。土屋は共演の山崎賢人竜星涼山崎紘菜桜田通清水くるみ橋本光二郎監督とともに舞台挨拶。「すべてのスタッフ、キャストが愛情、魂、願い、祈りを込めて作りました。見ていただけると思うと、胸がいっぱいです」と感慨深げに話した。

300万部を超える人気少女コミックの実写映画化。10年後の自分から手紙が届いたことから始まるファンタジックな青春ラブストーリーで、土屋は「皆に支えていただいて、撮影では仲間として時間を重ね、役を演じたというより役を生きた感じです」とオール長野ロケを通して共演者と友情を培ったことを強調した。

相手役の山崎賢人とはNHK朝のテレビ小説「まれ」で夫婦役を演じて以来で、3度目の共演。その山崎も、「愛を込めて作った作品なので、心があったかくなってくれたらうれしい」と土屋の思いを引き継ぎ、笑顔で話した。

そこで、仲の良さを証明するために6人が2人1組になってのジェスチャー・ゲームを開催。各組が互いに映画のキーワードになるお題を出し合い、計6問の間に膨らみ続ける風船が割れなければOKというルール。土屋が最後に風船を持った時点で風船はかなり大きくなっていたが、山崎賢人の必死のアピールで「未来」を当ててギリギリで成功にこぎつけた。

しかし橋本監督が、失敗した際に話すはずだった土屋がリハーサル中にトランプをしていた時に札を取ろうとして勢い余って右ひじから出血したことをあっさり暴露。「スタッフもケガには備えているけれど、まさかリハ中に出血するとは思わなかった」と話すと、全員が大爆笑。それでも土屋は、「まだ傷が残っているけれど、あれで皆が仲良くなれたと思えば全然平気です」と“座長”としての自覚を見せていた。

orange オレンジ」は、高校2年生の菜穂の下に10年後の自分から手紙が届き、転校生の翔を好きになるが1年後には死んでしまうことを告げられ、菜穂が未来を変えようと全力で運命と向き合っていく姿が描かれる。12月12日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi