第16回東京フィルメックス開幕 園子温監督「ひそひそ星」は「福島で撮ったことが重要」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月22日 > 第16回東京フィルメックス開幕 園子温監督「ひそひそ星」は「福島で撮ったことが重要」
メニュー

第16回東京フィルメックス開幕 園子温監督「ひそひそ星」は「福島で撮ったことが重要」

2015年11月22日 07:30

園子温監督と神楽坂恵「ひそひそ星」

園子温監督と神楽坂恵
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第16回東京フィルメックスが11月21日開幕した。映画祭ディレクターの林加奈子氏、審査委員長の釜山国際映画祭ディレクターイ・ヨンガン氏らが出席した開会式の後、オープニング特別招待作品である園子温監督の「ひそひそ星」が上映された。

ひそひそ星」は、園監督が1990年に執筆した脚本を、妻である女優・神楽坂恵を主演に迎えて自主制作で完成させたモノクロSF映画。福島県の富岡町、南相馬、浪江町でロケをを行い、地元住民の協力のもと製作。人間の記憶と孤独をテーマに描いた。

園監督と神楽坂は上映後のティーチインに参加。過ちを繰り返した人類が住む星を描くにあたり、脚本執筆時は東京都のごみ埋立地「夢の島」などをロケハンしていたそうだが、大震災を経験した今、福島を舞台にせざるを得なくなったと明かし、2012年に発表した「希望の国」で取材に協力してもらった被災者に出演を依頼した。

モノクロで撮影されているが、劇中ワンシーンだけカラーになる場面について問われた園監督は「福島で撮ったことが重要。かつて街だった場所が年月を経て草むらになった。そこに青空があり、緑があるという風景は、白黒ではなくカラーにすべきだという思いがあった」とその意図を明かした。

福島での撮影を「今の福島を記録しようと思っても、刻一刻と変わっていった。(作品の)最後の影絵のようにかげろうであり幻の街を撮った」と振り返り、今後も「可能な限り福島で、ドキュメンタリーではない映画を撮りたいと願っている」と語る。また、本作の劇場公開が2016年5月に決定したと発表された。

同映画祭では、10作品がノミネートされたコンペティション部門、特別招待作品のほかピエール・エテックスホウ・シャオシェンツァイ・ミンリャンという3人の監督の特集上映が行われる。

第16回東京フィルメックスは、11月29日まで東京・有楽町朝日ホールほかで開催。

希望の国[Blu-ray/ブルーレイ] 希望の国[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 園監督が自ら実際に被災地で取材を重ね、見聞きした事実を元に描かれる本作は、フィクションでありながら、未曾有の事態に巻き込まれた人々の“情感”を克明に記録し、“生”や“尊厳”を鮮やかに描写する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi