中川大志の必死のアドリブを千葉雄大、華麗にスルー? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月22日 > 中川大志の必死のアドリブを千葉雄大、華麗にスルー?
メニュー

中川大志の必死のアドリブを千葉雄大、華麗にスルー?

2015年11月22日 07:30

「E★エブリスタ」人気シリーズを若手人気俳優陣で映画化「通学シリーズ 通学途中」

「E★エブリスタ」人気シリーズを若手人気俳優陣で映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]映画「通学シリーズ 通学途中」が11月21日に公開を迎え、主演の中川大志、ヒロインの森川葵に、共演の藤本泉千葉雄大川野浩司監督が上映後の舞台挨拶に登壇した。

小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」で人気を博し、閲覧数と書籍化後の発行部数合わせて読者数500万超の人気シリーズを若手人気俳優陣で映画化した恋愛ドラマ。

撮影中の苦労について中川は「王子様のようなカッコいいセリフをサラッと言わなきゃいけなくて、台本を読んで『どうしよう!?』と思いました……」と語る。すかさず川野監督が「例えば?」と切り込むと、中川は顔を赤らめ「『星が降るのを待ってるんだ』とか……(笑)。キザなセリフを言うのはいろいろ考えました」と照れくさそうに語る。

公開中の第1弾「通学シリーズ 通学電車」に続く出演の千葉は、中川との共演について「アドリブで自由にやらせてもらって楽しかったです」と振り返る。特にラスト近くの2人のシーンはほぼアドリブだったそうだが、中川は「僕が必死に振ったアドリブを『違うんですけど……』って感じでスルーされました! あそこはコウじゃなく素に戻っちゃいました」と明かす。

千葉はそんな中川の訴えをサラリと無視し「森川さんはすごくかわいくて」とニッコリ。森川は「ホントに思ってる?」と疑うが、千葉は「僕の次にカワイイ!」と悪びれることなく語り、これには森川も「千葉くんには負けますよ(笑)」とうなずいていた。

多くの胸キュンポイントが見られる本作だが中川は、涙するユキの隣に何も言わずに座るシーンをお気に入りに挙げ「(演じながら)こんなことできない! と思いました」とため息。森川は「コウが部屋でコーヒーをいれて『おいで』と言うシーンは、現場では『言わないでしょ』と思ってましたが、映画を見たらカッコよくてキュンとするところでした(笑)」と述懐。「草食系男子が多い、いまの世の中に、あんなに追いかけてくれる男性はいない。あんな男性に出会いたい!」と恋する目で語りつつ「あ、別に中川大志さんの話はしてません」とくぎを刺し、場内を爆笑させた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi