波瑠、入江甚儀らにプラネタリウムをプレゼントされて「びっくりポンや!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月21日 > 波瑠、入江甚儀らにプラネタリウムをプレゼントされて「びっくりポンや!」
メニュー

波瑠、入江甚儀らにプラネタリウムをプレゼントされて「びっくりポンや!」

2015年11月21日 15:21

朝ドラの名ゼリフを披露した波瑠「流れ星が消えないうちに」

朝ドラの名ゼリフを披露した波瑠
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優の波瑠主演映画「流れ星が消えないうちに」が11月21日、東京・角川シネマ新宿で公開され、波瑠をはじめ、共演の入江甚儀葉山奨之黒島結菜小市慢太郎柴山健次監督らが初日舞台挨拶を行った。

橋本紡氏の人気恋愛小説を映画化。恋人を交通事故で亡くして以来、“過去”で立ち止まってしまった女子大生・本山奈緒子(波瑠)が“今”を取り戻していくさまを描く。

波瑠は満席の客席に向けて、開口一番「大阪からやってきました!」と挨拶。ヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「あさが来た」撮影中の大阪から駆け付けた。さらに「撮影時は、奈緒子の心情に目を向けると悲しかった。でも現場は温かくて幸せな空間でした」と述懐した。

役との共通点を問われた波瑠は「私は奈緒子と違って、ぼんやりしているうちに(悲しいことや嫌なことは)忘れちゃう。寝たらどうでもよくなるタイプ」と笑顔で語る。そのうえで、役作りを「共感がしづらく、体験がないことは想像するしかないと思っていた。でも、想像するだけでも苦しくて仕方なかった。だから、常に『奈緒子がんばれ!』と思っていた」と振り返った。

一方、奈緒子の妹を演じた黒島は、この日風邪による体調不良のなか出席していたそうで、途中激しく咳込む場面も見られた。波瑠や入江が水の入ったペットボトルをこっそり手渡すなど共演陣が気遣うなか、「私の役は、唯一感情を表に出して、ぶつける役だったので、みんなとは違った苦労があった。でも感情を出すことで周りが動くのを感じたので、お芝居をしていて楽しかった」と真しに語った。

イベント終盤には、大阪と東京を行き来するハードスケジュールの波瑠に、他の登壇陣から“癒されて欲しい”という思いを込めたホームプラネタリウムがサプライズで贈られた。入江と葉山が「大阪でがんばってください!」と声をかけ手渡すと、波瑠は「びっくりポンや!」と「あさが来た」の名ゼリフで喜びを表現し、客席からは大きな歓声があがっていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi