笹野高史、初主演映画「陽光桜」公開に誇らしげ「心して演じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月21日 > 笹野高史、初主演映画「陽光桜」公開に誇らしげ「心して演じた」
メニュー

笹野高史、初主演映画「陽光桜」公開に誇らしげ「心して演じた」

2015年11月21日 15:10

笹野高史、初の単独映画主演作「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」

笹野高史、初の単独映画主演作
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優の笹野高史が主演の映画「陽光桜 YOKO THE CHERRY BLOSSOM」が11月21日、東京・丸の内TOEI2で封切られた。笹野は、共演の的場浩司宮本真希高橋玄監督らと初日舞台挨拶に臨んだ。

俳優として40年以上のキャリアを誇る笹野だが、初の単独映画主演作。総勢13人が顔をそろえたステージの中央に立ち、「せん越ながら主演を務めさせていただきました。願いはひとつです。ご近所の方々にご吹聴ください」と笑顔でアピールした。

教え子たちを戦争に送り出したという自責の念から、反戦の願いを込めて桜の新種開発に人生をささげた実在の教師・高岡正明氏を演じた。「日本人として誇るべき方。心して演じさせていただいた」と神妙な面持ちで語った。

撮影は高岡氏の故郷・愛媛でオールロケを行い、「毎日毎日が楽しかった。方言も、私は淡路島出身ですので四国は近いですから苦労しなかった。ただ、朝から晩までロケ弁ばかりで、あったかいものが食べたいなあと思っていました」とジョーク交じりに述懐。息子役の的場は逆に「伊予弁はえらいこっちゃでした。地元の人には良かったと持ち上げてもらったけれど、苦い笑顔をしている人が多かった。でも頑張ったので」と自らに言い聞かせるように話した。

宮本は愛媛出身で、「地元でのロケは初めてだったので、私にとってとても感慨深い作品になりました」としみじみ。高岡氏の青年期を演じた笹野の長男・ささの翔太も、「素敵な作品に関われてうれしい」と、父との“2人1役”を振り返った。

高橋監督は、原作となったノンフィクションも自ら執筆するほど高岡氏にほれ込み、「この作品の本当のエグゼクティブ・プロデューサーは高岡正明さん。奇跡的なう余曲折を経てこの日を迎えることができた」と感激の面持ち。製作過程を話しているうちに、こみ上げてくるものを抑えきれず涙する姿に、会場から温かな拍手が送られていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi