玉森裕太、主演作公開に感無量!メンバーからのサプライズに「うるっときちゃった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月21日 > 玉森裕太、主演作公開に感無量!メンバーからのサプライズに「うるっときちゃった」
メニュー

玉森裕太、主演作公開に感無量!メンバーからのサプライズに「うるっときちゃった」

2015年11月21日 14:46

ヒロインの西内まりや「レインツリーの国」

ヒロインの西内まりや
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の玉森裕太初主演映画「レインツリーの国」が11月21日、全国190スクリーンで封切られ、玉森をはじめ、ヒロインの西内まりや、共演の森カンナ大杉漣高畑淳子三宅喜重監督が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた舞台挨拶に出席した。

大歓声で迎え入れられた玉森は、初主演映画の公開に「緊張、プレッシャーもありましたが、心に残る作品になった」と感無量の面持ち。「(公開日を迎え)ワクワクが80%で緊張が20%くらい。主演ということで、みんなにどう映るのかなという不安が……」と本音を漏らすと、鑑賞後の客席から拍手が沸き起こり、玉森は安どの表情を浮かべていた。

またこの日は、主題歌「最後もやっぱり君」を歌う「Kis-My-Ft2」のメンバーからサプライズでコメント映像が届けられた。「本当にキュンとしちゃった。けっこう裏で関西弁練習してたみたい」(北山宏光)、「男らしくなった」(藤ヶ谷太輔)、「(ヒロインに)嫉妬した。(玉森と)付き合ってないよ! でも友だち以上ではある(笑)」(宮田俊哉)との言葉に、玉森は「「危ない! 一瞬うるっと来るかと思った」と大感激の様子。「メンバーのもとに帰って来たときの安心感があるから、ひとりのときも頑張れる」と照れながらも日頃の感謝を伝えた。

さらに、メンバーは「関西弁でキュンキュンすることを言ってくれるのかな?」とリクエスト。西内も「
伸さん来てくれるかな?」と同作の舞台挨拶では恒例となった玉森の関西弁での“キュンワード”をおねだりした。突然の無茶ぶりに困り顔の玉森だったが、「ぜひ劇場でキュンキュンしてな」と公開日らしく挨拶し、「もう勘弁して下さい」と大照れだった。

映画は、人気作家・有川浩氏の「図書館内乱」に登場する架空の小説を、有川氏自身が書籍化したラブストーリー。大好きな1冊の本をきっかけにネット上で出会った伸行(玉森)とひとみ(西内)だが、会うことを拒むひとみは悲しい秘密を抱えていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi