Netflix×マーベル「ジェシカ・ジョーンズ」主演女優が明かす、“元ヒーロー”の役作りとは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月20日 > Netflix×マーベル「ジェシカ・ジョーンズ」主演女優が明かす、“元ヒーロー”の役作りとは?
メニュー

Netflix×マーベル「ジェシカ・ジョーンズ」主演女優が明かす、“元ヒーロー”の役作りとは?

2015年11月20日 17:00

(左から)クリステン・リッター、レイチェル・テイラー「アベンジャーズ」

(左から)クリステン・リッター、レイチェル・テイラー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今秋、日本に上陸した米ネット配信大手「Netflix」がマーベルと組んで製作した、元スーパーヒーローの女性探偵の活躍を描くオリジナルドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」の主演を務めたクリステン・リッターと、主人公の親友トリシュを演じたレイチェル・テイラーが、映画.comのインタビューに応じた。

マーベルといえば、「アベンジャーズ」シリーズなどヒーローたちの活躍が印象深いが、本作の主人公ジェシカは、ある事件をきっかけにヒーロー稼業から足を洗い、私立探偵として身を立てているという異色の存在。リッターもテイラーも、“元ヒーロー”という設定を含め、本作の綿密に練られた脚本に引きこまれたという。

人気ドラマ「ブレイキング・バッド」で存在感を発揮し、日本の海外ドラマファンの間でも人気上昇中のリッターは、マーベルというブランドへの参加に喜びとプレッシャーを感じつつも「最初に読んだパイロット版の脚本の質がすごく高くて『これはやるしかない!』と思ったわ」と奮い立った様子。対するテイラーも、「脚本のメリッサ・ローゼンバーグが、ヒーローシリーズをユニークな形にして、女性にパワーを与えてくれるような魅力的な作品に仕上げてくれたの」と脚本の質の高さが不安を一掃してくれたと明かした。

ちなみに、「ジェシカを演じる上で、参考にした別作品のヒーローなどはいるのか?」と尋ねると、リッターは「ノー」と即答。「まずジェシカを1人の女性として演じることを大切にしたわ。ヒーローの部分は、あくまで彼女の2次的な側面。原作コミックの『Alias』をはじめ、ジェシカが登場するコミックには全て目を通し、この作品に登場する以前の彼女の人生、肉体性といったところから考えて作っていったの」と役作りのプロセスを説明。一方のテイラーは“親友”という立場からジェシカの魅力について「悲劇的な過去を持ちつつも自分を被害者とせず、未来に歩を進めていく。そこに強いメッセージ性を感じるし、子どものころ、こんなヒロインに出会えていたらって思うわ」と語る。

また、リッターはキャラクターだけでなく、作品全体にも言及。「この作品は、映画とテレビドラマの中間といえるタイプの作品、言ってみれば13時間の映画としてデザインされていて、映画好きの人にも刺さるはず。フィルム・ノワール的な映像のトーンもこれまでのドラマにはなかったもので、絶対に楽しんでもらえると思うわ!」と力強く語った。

「ジェシカ・ジョーンズ」は、11月20日からNetflixで配信開始。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi